FC2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています
 市原のところに毎日送られてくる聖書関連のショートメッセージがあります。

 実は誰が書いているのかも知らない。(笑) でもなんとなく色々なエピソードを交えて書いているので、発信者の了解をいただき、冒頭に自分のコメントを入れ、私からも複数の方に毎日送るようになりました。ただ、11月で終了予定とのこと。それまで、毎日お送りしようと思っています。

 今日のもの、プログにもアップしたくなりましたので・・。では・・


 人生において、思いもかけない悪い事態が自分を支配してしまう。私も自分の精神をコントロールできなくなってしまうという状況に陥ったことがありました。しかし、このことがなかったら恐らく、神という存在に目を向けることなく、今生きているかさえ分からず、演奏家としては自分の栄光を求め続け、それもかなわず、残りの人生を自分を喜ばせることをもっぱら考えることで過ごしていたのではないかと思います。もちろん死後への希望は何もありません。

 僕は、知識による判断で神を認めることは決してなかっただろうと思います。不幸、困難、逆境、挫折、また死の宣告・・これらが硬い固い自我を砕き、全能者を認めるきっかけとして与えられるということがあるんですね。神は自分にはとても信じ難いような出来事を用いて、人を導かれるんですね。その導かれる先は「まことのいのち」。まことの神こそがいのちの核心なんですね。

 今日も良い一日を!


【美しい神のみわざ】

 ロリーさんは15歳のころから悪い友達と付き合うようになり、17歳の時には遊び仲間と関係を持ち、妊娠してしまいました。その時に生まれたのがアシュリーちゃんでした。彼女は大きな青い目をした、とてもかわいい赤ちゃんでした。
 ところが、アシュリーちゃんの皮膚は厚く、固く、体重も順調に増えません。医者が言うには、それはプロジェリア(早期老化症)という病気でした。普通の人が1年過ごす間に、8~10年ほどの速さで年をとってしまう、遺伝子異常の病気でした。8000万人に1人の割合で発生し、世界で3,40人位しかおらず、平均寿命は13歳で、治療法も見つかっていない病気でした。
 生きる気力を失ったロリーさんは、子どもを知り合いに預けて、ドラッグとアルコールに逃げました。しかしある時、鏡の前に立った彼女は、自分のあわれな姿を目の当たりにして、泣きながら「神様、お赦しください。私は罪を犯しました」と言いました。 
 その時、優しく十字架上のイエス様が「あなたの罪は赦されました」と言ってくださったのです。それから彼女は、熱心に聖書を読み、教会に通うようになり、洗礼を受ける事になりました。何とアシュリーちゃんも洗礼を受け、賛美と感謝の祈りをささげるようになったのです。
 ロリーさんは 「アシュリーは神によって永遠のいのちを与えられました。私もアシュリーも、天国に家を持ったのです。肉体は日に日に衰えているけど、彼女も神の世界ではずっと生き続けると考えるようになリました」と明るい顔で話されています。短い人生を精いっぱい喜んで生きているアシュリーちゃんを見て、「生きる目的を考えさせるために神様が送った天使」だと、ロリーさんは言っています。

 神のみわざは、人にはすぐに理解できません。しかし、信じる者はそれを垣間見ることができます。主を信頼し、時にかなって美しい神のみわざを待ち望みましょう。

 「神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠を与えられた。しかし人は、神が行われるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。」(伝道者の書3:11)
 
 ------------------------------------------

 もし、私のところにも送ってほしいという方がおられましたら、メールのリストに加えさせていただきます。以下からご連絡ください。
 
 市原へメール

 
2019.08.13.Tue 10:35 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)
 今まではライブ情報、そしてキリスト教談義を中心に書いてきましたが、
 もっと「ポロっ」と書きたいなと思い、
 ツイッターでのつぶやきを開始することにいたしました。

 ツイッター 市原康 @hichiharayasush

 気軽にお立ち寄りください。
 
 
2019.08.12.Mon 13:55 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)

        1909-10B.jpg


 異常気象ということばが、いやでも実感させられるようになってきたという気がします。このご案内は9-10月のものですので、この頃私たちは火の中を通り過ぎた人のようになっているのでしょうか。暑いさなか、熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さい。
 さて、9-10月はルパン関連も含め、多彩な月間となりそうです。

 久しぶりにスタジオ系の事務所から連絡が来ましたら、TBS系でもう20年も前からやっている「音舞台」シリーズ。京都の著名な寺院を舞台にして、東洋と西洋の出会いをテーマに続けてこられたものです。因みに初回は金閣寺。そして今回は第31回、仁和寺です。私が知っている出演者の名は大竹しのぶだけ(笑)なんですが、外国勢も何やらおもしろそうな顔ぶれで、とても楽しみにしています。300名様カップルでご招待となっています。お申し込みはこちら https://www.kyoto-chishin.com/otobutai/entry/ 9/7(土) 放送はTBS系で11/3(日) 深夜0:30-1:24

1909音舞台



 私はしばらくゴスペルあるいは礼拝音楽の現場から遠ざかっていましたが、久しぶりで、しかもワーシップ/礼拝に徹するというコンセプトのコンサートに参加させていただくことになりました。オーケストラと60人のクワイアとリズムセクションという豪華なステージです。クリスチャンの方々にはともに主を礼拝し、クリスチャンでない方にはその空気を一度味わっていただけたらこの上ない喜びです。サムエル・カンワーシップコンサート2019「すべてのことが」 杉並公会堂大ホール。18時半から、入場無料(席上献金あり)です。

    1909S・Kanチラシ表



 そしてルパンミュージック本家による、ルパン三世/カリオストロの城・シネマコンサートとライブという、贅沢なコンサート。前回角川映画シネマコンサートでは、皆様に大変ご心配をおかけする中、命がけ(笑)でやらせていただきましたが、今回は万全の態勢で臨みたいと思っております。
 詳細はこちら・・ https://lupin-concert.com
 で、こんな感じになるかと・・ 10/25.26(金,土) パシフィコ横浜国立大ホール。

   1910カリオストロ



 そしてもう一つ。本邦初公開ですが・・。教会シーンで活動できるジャズのトリオが生まれそうです。横浜キリスト福音教会から、ジャズコンサートが出来ないかとの打診をいただきまして、もし集まれるならということで声をかけてみました。そうしましたらなんと、クリスチャンのピアノトリオが出来たという次第です。今後の活動のことなどは今は考えていませんが、とにかく一度やらせていただく中で、今後のことも見えてくるのではないかと思っています。ピアノは伝道師でもある森下滋。そしてベースには去年生まれたばかりのクリスチャンベーシスト安カ川大樹。Autumn Jazz Concert/横浜キリスト福音教会 045-432-0507 10/19(土) 15時開演 入場無料です。

 以下、ジャンル別の日程です。

● 大野雄二関連
 9/1(日) 大野雄二トリオ 鎌倉 ダフネ
 9/8(日) Yuji Ohno & Lupintic Six ビルボードライブ大阪
 9/21(土) Yuji Ohno & Lupintic Six 熊本県山鹿市/八千代座
 9/22(日) Yuji Ohno & Lupintic Six 熊本県/水俣市文化会館
 9/23(月) Yuji Ohno & Lupintic Six 宮崎県/小林市文化会館
 9/26(木) 大野雄二トリオ お茶の水 NARU
 9/27(金) 大野雄二トリオ 新宿 ジャズスポットJ
 10/5(土) 大野雄二トリオ 調布・柴崎 さくらんぼ
 10/17(木) 大野雄二トリオ お茶の水 NARU
 10/25.26(金,土) ルパン三世カリオストロの城 シネマコンサート& ルパン三世ライブ
         パシフィコ横浜国立大ホール
 10/29(火) 大野雄二トリオ 新宿 ジャズスポットJ
 10/31(木) Yuji Ohno & Lupintic Six 熊本・・詳細は後日になります
  
● その他のライブ
 9/7(土) 音舞台2019 京都仁和寺
 9/20(金) 金城寬文カルテット 東京・菊川 な〜じゅ
 9/24(火) サムエル・カン/ワーシップコンサート2019 杉並公会堂 大ホール
 10/6(日) 東京音楽大学・オープンキャンパス 中目黒キャンパス
 10/19(土) Autumn Jazz Concert 横浜キリスト福音教会
 
 以上、ライブの詳細は
  ドラマー市原康のホームページ http://i-produce.net 「ライブ」をご覧下さい。
  みなさまのお越しをお待ち申し上げております。

—————————————————————

 「ドラマー市原康のキリスト教談義」・・バックナンバー
  当ブログの記事です。

  その15「万引きをやめられない男」2019.1.21
  その14「救われる・・てなに?」2018/10.19
  その13「あんな人がどうしてクリスチャンなの?」2018/9.18
  その12「キリストは絵に描いた餅?」2017/11.21
  その11「聖書の目的」2017/5.11
  その10「聖書を読むと何がわかるのか」2017/4.24
  その9「クリスチャンとはどういう風な仕組みの人間か」2017/1.20
  その8「クリスマス・・それは」2016/12.30
  その7「助けを求める心」2016/11.12
  その6「イエスのことばが全く理解できなかった人々」2016/9.8
  その4「信じることでしか出会えない神」2016/6.28
  その3「罪人だと言われると、どうも・・」2016/5.31
  その2「熊本地震・・神は何をしているのか。」2016/5.2
 
 
 
2019.08.01.Thu 19:03 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)
 
 1907-8最終
 

 あっという間に夏? というか、最近はこの季節の移り変わりというものが、なんとなく自分を追い越していくので付き合うのが面倒になる・・みたいな境地?になってきました。
 先日、TRIO’の町田まほろ座でのライブは、私の緊急の要請に多くの方々が応えて下さり、ほぼ一杯という、本当に有り難く嬉しい結果となりました。改めて心より御礼申し上げます。

 今回は東京音楽大学の夏期講習 8月1日(木) について、少々ご案内をさせていただきます。市原は東京音楽大学作曲指揮専攻の映画放送音楽コースと、ポピュラー・インストゥルメンツコースで客員教授として教える機会をいただいています。今回のご案内はその中のポピュラー・インストゥルメンツコースの夏期講習です。この夏期講習のご案内には、最初に受講料などが載っていますが、当インストコースに関しては無料です。この講習は受験生対象で、高校生以上となっています。親御さんの同伴も可能です。受験に関する基本的なレクチャーとワンポイントレッスン/ドラム・ギター・ベースがあります。受験を希望される方はこの夏期講習と冬期講習に参加されて、大体雰囲気を感じていただいて受験に臨む方が多いようです。
 このインストコースはドラム・ギター・ベースの各楽器の習得と同時に、レコーディングなどを伴う、現場の環境を実体験しつつ、作編曲なども手がけ、リーダー的な役割を十分に担える人材の育成を目的としています。そのような意味では他にはない環境で、卒業と同時にどのような場所にあっても何の抵抗もなく対応できるように訓練を受けることが出来ます。将来的にしっかりした学びをしたいと思われる方にはとても恵まれた環境だと思います。ドラムは特に編曲などの学びを同時にしようとする人はそれほど多くありませんので、ここに改めてご案内させていただきたいと思います。 https://www.tokyo-ondai.ac.jp/assets/pdf/G-1/2019summer.pdf にてPDFファイルをご確認下さい。その10-11頁でポピュラー・インストゥルメンツコースの内容をご覧になれます。また、受験に関してのご相談がある方 (特にドラムコース) には、市原に直接お問い合わせいただくことも出来ます。ichihara@i-produce.net までご連絡いただけましたら対応をさせていただきます。ポピュラー・インストゥルメンツコースのご案内についてはこちら http://tokyo-ondai-popular-music-composition.jp/course_02.html をご覧下さい。
 尚、こちらからは卒業生の一部ですが、情報をご覧になれます。 http://tokyo-ondai-popular-music-composition.jp/graduates_course_02.html#gc02_1

 ということで、7-8月のライブ、大野雄二関連が大部分を占めますが、その他に古野光昭スペシャルカルテット、直居隆雄トリオなどがあります。また、Yuji Ohno & Lupintic Sixの東京公演/8月6日(火)/ビルボードライブ東京 がありますので、お見逃しなく。


● 大野雄二関連
 7/3(水) Yuji Ohno & Lupintic Six 北海道ツアー 札幌カナモトホール
 7/4(木) Yuji Ohno & Lupintic Six 北海道ツアー 名寄市民文化センター
 7/5(金) Yuji Ohno & Lupintic Six with Fujikochans 北海道ツアー 北見市民会館
 7/7(日) 大野雄二トリオ 鎌倉 ダフネ
 7/18(木) 大野雄二トリオ お茶の水 NARU
 7/26(金) 大野雄二トリオ 新宿 ジャズスポットJ
 8/6(火) Yuji Ohno & Lupintic Six ビルボードライブ東京
 8/11(日) 大野雄二トリオ 調布・柴崎 さくらんぼ
 8/21(水) 大野雄二トリオ お茶の水 NARU
 8/30(金) 大野雄二トリオ 新宿 ジャズスポットJ
  
● その他のライブ
 8/13(火) 古野光昭スペシャルカルテット 横浜 ドルフィー
 8/23(金) 直居隆雄トリオ 沼袋オルガンジャズ倶楽部
 
 以上、みなさまのお越しをお待ち申し上げております。
 ライブの詳細は ドラマー市原康のホームページ 「ライブ」からご覧下さい。

—————————————————————

 「ドラマー市原康のキリスト教談義」・・バックナンバーです。
  当ブログより日付で検索ください。

  その15「万引きをやめられない男」2019.1.21
  その14「救われる・・てなに?」2018/10.19
  その13「あんな人がどうしてクリスチャンなの?」2018/9.18
  その12「キリストは絵に描いた餅?」2017/11.21
  その11「聖書の目的」2017/5.11
  その10「聖書を読むと何がわかるのか」2017/4.24
  その9「クリスチャンとはどういう風な仕組みの人間か」2017/1.20
  その8「クリスマス・・それは」2016/12.30
  その7「助けを求める心」2016/11.12
  その6「イエスのことばが全く理解できなかった人々」2016/9.8
  その4「信じることでしか出会えない神」2016/6.28
  その3「罪人だと言われると、どうも・・」2016/5.31
  その2「熊本地震・・神は何をしているのか。」2016/5.2
  
  
2019.06.22.Sat 20:21 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)
6月のライブ情報の以下、二箇所について、曜日が誤っておりました。
お詫びして訂正させていただきます。

6/4(火) 大野雄二トリオ 調布・柴崎さくらんぼ
6/7(金) 大野雄二トリオ 横浜モーションブルー

大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
2019.06.04.Tue 11:27 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)
  1805TRIO臨時のコピー
 
  facebookではすでにご案内していますが、こちらでも・・。

  【TRIO' (トリオッ) ヘルプです。。。】

  5/25 (土) 町田まほろ座、来週の土曜日
  まだ席がありすぎ・・・。

  応援、どぞ、、よろしくお願い申し上げます。
  夜公演の方ですので、お間違えなく!

  来てぇ〜っ、、、! (叫)

 ・・というわけで・・

  pf,福田重男、bass,森泰人from Sweden、ds,市原康 = TRIO' (トリオッ)

  まほろ座・・町田駅から歩いて1分。
  https://www.mahoroza.jp

 ご予約
  まほろ座 042-732-3139(まほろ座16:00~19:30)
  プレイガイド:Livepocket(〜5/25 0:00)https://t.livepocket.jp/e/190525n

  ご予約をお待ちしております。
  どうぞよろしく・・・・お願い申し上げますっ!
 
  

  
   
2019.05.19.Sun 22:30 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)

 1905-6.jpg


 5-6月と言えば桜は場違いなのですが、八重洲口で撮った葉桜の写真がなんだかヒロヤマガタみたいな空気感で・・言い過ぎか(笑)
 ・・こんなん出ました・・ってことで、これにしました。

 5〜6月のライブ情報です。
 まずは、最後のあがき・・TRIO’です。
 4月と5月に一回ずつ。もう一度告知をさせていただきます。

● TRIO’ (トリオッ) pf,福田重男、bass,森泰人、ds,市原康 
  4/27(土) 東京・代官山 レザール
   ご予約は市原までメールでお願いします。レザールに直接ご予約でもかまいません。
   ichihara@i-produce.net 市原 / LEZARD 03-3496-1374
  5/25(土) 町田まほろ座 
   ご予約・・
   プレイガイド:Livepocket(〜5/25 0:00)https://t.livepocket.jp/e/190525n
   電話予約 まほろ座 042-732-3139(まほろ座16:00〜19:30)

● 大野雄二関連
 5/10(金) 大野雄二トリオ 鎌倉ダフネ
 5/16(木) 大野雄二トリオ お茶の水 NARU
 5/30(木) 大野雄二トリオ 新宿 ジャズスポットJ
 6/2(日) Yuji Ohno & Lupintic Six 茨城・牛久市中央生涯学習センター 文化ホール
 6/4(火) 大野雄二トリオ 調布・柴崎 さくらんぼ 曜日表記に誤りがありました。ご注意下さい。
 6/7(金) 大野雄二トリオ 横浜 モーションブルー 曜日表記に誤りがありました。ご注意下さい。
 6/15(土) Yuji Ohno & Lupintic Six with Fujikochans 山口県周南市文化会館
 6/17(月) 大野雄二トリオ お茶の水 NARU
 6/28(金) 大野雄二トリオ 新宿 ジャズスポットJ
  
● その他のライブ
 5/31(金) 金城寛文クインテット 東京・菊川 な〜じゅ
 
 以上、みなさまのお越しをお待ち申し上げております。
 ライブの詳細は <検索> ドラマー市原康のホームページ 「ライブ」からご覧下さい。

------------------------------------------

 「ドラマー市原康のキリスト教談義」
 このブログ内・・日付からご覧になれます。
  バックナンバーは・・
  その15「万引きをやめられない男」2019.1.21
  その14「救われる・・てなに?」2018/10.19
  その13「あんな人がどうしてクリスチャンなの?」2018/9.18
  その12「キリストは絵に描いた餅?」2017/11.21
  その11「聖書の目的」2017/5.11
  その10「聖書を読むと何がわかるのか」2017/4.24
  その9「クリスチャンとはどういう風な仕組みの人間か」2017/1.20
  その8「クリスマス・・それは」2016/12.30
  その7「助けを求める心」2016/11.12
  その6「イエスのことばが全く理解できなかった人々」2016/9.8
  その4「信じることでしか出会えない神」2016/6.28
  その3「罪人だと言われると、どうも・・」2016/5.31
  その2「熊本地震・・神は何をしているのか。」2016/5.2
 
 
2019.04.19.Fri 21:22 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)
TRIO2016bpc.jpg


 TRIO’ (トリオッ) pf,福田重男、bass,森泰人、ds,市原康 

 15年目に入っています。春は関東圏で二回(それぞれ4月と5月の一回)のみとなります。是非お見逃しないよう、ここに改めて告知させていただきます。
 年に多くて二回のツアーを今まで重ねてきました。半年ごと、あるいは一年ブランクがあっていきなりLIVEツアーということを繰り返してきました。新しいアルバムという声もあるのですが、何しろ先立つものが・・、ということで、今年も今までの6枚のアルバムをひっさげて臨みたいと思います。
 TRIO' はたまにやっても、毎回変わってきている・・それは毎年TRIO’ を見守ってくださっている方々にはよく見えるのではないかと思います。さてこの春はどんなになっていますか・・わたし自身が楽しみにしております。

 皆様におかれましても、どうぞ期待して、TRIO’ に会いにいらしてください。

 ベースの森はスエーデンからのメンバーを引き連れてツアー中です。今回はそういう森のスカンジナビアンコネクションのツアーのおこぼれの二回です。ピアノの福田重男は益々忙しく、精力的に活動を続けております。

 皆様のお越しをお待ち申し上げております。
 
 まずは4月・・27日(土) ホームベースのようにして今までお世話になってきた代官山LEZARD(レザール) 
 20:00開演、19:30にはお越し戴いた方が良いかと思います。
 システムは5,000円ポッキリで、出ている食べ物を自由にいただけて、飲み物も飲み放題という、わかりやすいものです。
 ご予約は市原までメールでお願いします。レザールに直接ご予約でもかまいません。
   ichihara@i-produce.net 市原 / LEZARD 03-3496-1374

 そして5月・・25日(土) 町田まほろ座・・駅から歩いて0分。落ち着いた雰囲気のライブハウスで、ゆったりくつろぎたい方はこちらがおすすめ。TRIO’は初めての出演です。
 ご予約は、プレイガイド:Livepocket(~5/25 0:00)https://t.livepocket.jp/e/190525n
 または、電話予約 まほろ座 042-732-3139(16:00~19:30) 
 となっています。

 ご予約、お待ち申し上げております。
 TRIO’がこれからも末永く続けられますように、応援いただけましたらこの上ない喜び。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
2019.04.15.Mon 13:50 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)
 1903.jpg

 みなさま、いかがお過ごしですか。今年はまだ東京では雪になっていませんが、これからなんでしょうか。タイヤは万全。いつでも来い・・なのであります。あのスタッドレスと雪の格闘が楽しくて・・。ああ、雪国のみなさん、すみません。
 ・・と書いたら、途端に雪が降りました。(笑)

 ライブ情報・・もう春の告知です。
 まず、TRIO’・・4月に一回と5月に一回。春はこの二回ポッキリとなります。お見逃しないように。ベースの森泰人がスエーデンよりツアーを組んで来日しますので、おこぼれ公演です。乞う、ご期待!
 それから、メンバーも初顔合わせの大口純一郎のライブ。こちらは市原ひかりとの共演となります。

 では、3-4月のライブ

● TRIO’ (トリオッ) pf,福田重男、bass,森泰人、ds,市原康 
 
  4/27(土) 東京・代官山 レザール
   ご予約は市原までメールでお願いします。レザールに直接ご予約でもかまいません。
   ichihara@i-produce.net 市原 / LEZARD 03-3496-1374
 
  5/25(土) 町田まほろ座 
  ご予約・・
   プレイガイド:Livepocket(〜5/25 0:00)https://t.livepocket.jp/e/190525n
   電話予約 まほろ座 042-732-3139(まほろ座16:00~19:30)
 
 
● 大野雄二関連
 
 3/2(土) 大野雄二トリオ 相模原メイプルホール
 3/7(木) Yuji Ohno & Lupintic Six 福島市音楽堂
 3/17(日) 大野雄二トリオ 鎌倉 ダフネ
 3/21(木) 大野雄二トリオ お茶の水 NARU
 3/23(土) Yuji Ohno & Lupintic Six 福井県南条文化会館
 3/26(火) 大野雄二トリオ 新宿 ジャズスポットJ
 4/6(土) 大野雄二トリオ 調布・柴崎 さくらんぼ
 4/28(日) 大野雄二トリオ お茶の水NARU
 4/30(火) 大野雄二トリオ 新宿 ジャズスポットJ
  
 
● その他のライブ
 
 3/16(土) 大口純一郎リーダーカルテット with 市原ひかり 東京・Body & Soul
 4/21(日) 直居隆雄トリオ 東京・沼袋 オルガンジャズ倶楽部
 4/29(月) まきみちる/ロックバージョン 東京・六本木 アビーロード
 
 
 以上、みなさまのお越しをお待ち申し上げております。
  ライブの詳細は ドラマー市原康のホームページ 「ライブ」からご覧下さい。

------------------------------------------

 「ドラマー市原康のキリスト教談義」・・更新しました。(当ブログ内です)
  その15「万引きをやめられない男」2019.1.21
 <検索>「ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ」 より
  バックナンバーは・・
  その14「救われる・・てなに?」2018/10.19
  その13「あんな人がどうしてクリスチャンなの?」2018/9.18
  その12「キリストは絵に描いた餅?」2017/11.21
  その11「聖書の目的」2017/5.11
  その10「聖書を読むと何がわかるのか」2017/4.24
  その9「クリスチャンとはどういう風な仕組みの人間か」2017/1.20
  その8「クリスマス・・それは」2016/12.30
  その7「助けを求める心」2016/11.12
  その6「イエスのことばが全く理解できなかった人々」2016/9.8
  その4「信じることでしか出会えない神」2016/6.28
  その3「罪人だと言われると、どうも・・」2016/5.31
  その2「熊本地震・・神は何をしているのか。」2016/5.2

------------------------------------------
2019.02.09.Sat 18:49 | 未分類 | trackback(0) | comment(1)
  
 1901談義3


 キリスト教は、罪を犯してもその都度神に懺悔(ざんげ)すれば、何度でも許されるんだよね・・と言われたことがありました。答えは「そうです」なんですけど、それを言う人の思いの中には「だったら罪もやりたい放題でしょう」という意味での言葉だとわかっていたので、そうですとは言えずに、そのまま話が終わってしまいました。

 しばらく経ってそのことを考えていたら、次の聖書の言葉が頭に浮かんできました。
人はうわべを見るが、主は心を見る。
 ・・旧約聖書 サムエル記 第一 16章7節

 何度でも罪を犯すたびに許されるんだったらやりたい放題じゃない・・という言葉は、その心が罪を慕っていることを言い表しています。神はその「罪を慕っている心」を見られるということです。神の前に心は隠せないのです。
 ではクリスチャンが罪を犯してしまうたびに神にゆるしを乞えば、そのすべての罪はゆるされるというのは一体どういうことなのでしょうか。このことについては以前も何度か書いたように思いますが、クリスチャンという人間の内側に何が起こったのかということがわからないと、おそらく理解不能だと思います。

 そこで、ある「万引きをやめられない」男について考えてみたらどうかと思いました。そう。万引きをやめられない男がクリスチャンになる話です。

 彼は盗みが罪であることは重々承知なのですが「貧乏でもないのに万引きをしてしまう」・・そういう人でした。その彼が福音のメッセージを聞きます。そのメッセージではこんなことが語られていました。罪を行なっている者はみな、罪の奴隷です・・と。そして、罪の奴隷の行く先は死です・・と。そして神は人々を罪の縄目の中から解放するために御子イエス・キリストを人の形で地上に送られました。そしてその御子は十字架で釘付けにされ、死んで三日ののちによみがえり、その後天の神のところに戻ることで、私たちの救いとなってくださった。このイエス・キリストを信じる者は誰でも罪がゆるされ、その束縛から自由になれるのです・・と。
 そこで、盗癖については自分の力ではどうする力もないことを思い知っている彼は、イエス・キリストを救い主として受け入れることにします。受け入れるとは、自分の心で今生きておられるキリストの存在を信じ、自分ではまだよくわからない天の父なる神に向かって「神さま、私はあなたのことを聞きました。まだよくわからないことがたくさんありますけど、あなたが私を罪から解放してくださる方であることを信じます。どうぞ助けてください。」・・そのように自分の心で祈ることです。イエス・キリストは生きておられ、人の祈りを聞き届けてくださる存在なので、その祈りを聞いてくださり、その人の内に入ってくださいます。とは言っても「イエス・キリストは天に上られ神の右の座についておられる」ので、信じる者の内に入ってくださるのは正確に言うと聖霊です。あるいは御霊(みたま)とも言います。イエス様はご自分が天に上られた後、私たちに「助け主」を送るからねと、約束されました。それが聖霊です。神は三位一体(さんみいったい)の神、すなわち父なる神、御子なるイエス、そして助け主である聖霊という三つの位格を持つ存在です。ですから、この三様のあり方がありながらも、父,子,聖霊から発せられる情報には、聖書を通しても、また私たちが直接受けるみことばや啓示を通しても、なんの食い違いもないということです。だから聖霊が私たちに直接神の心そのままを示してくださるし、神の力となってくださることもあるわけです。それは簡単に言えば神との交わりが成立している状態です。

 さて、この男の内に聖霊が宿るようになりました。そこでこの男は日常生活の中で、聖霊の促しや語りかけを受けるようになります。その基本は律法の二つの大きな教えに従っています。そのひとつは、父なる神を心といのちと知性を尽くして愛すること。そしてもう一つは、あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい・・。この聖霊の促しに従っていくという歩みの中で、罰せられるような罪からも、また心の中で犯す罪からもきよめられ解放されていくというわけです。
 しかしそれはエスカレーター式に乗っかっていれば登って行けるわけではありません。むしろ信仰生活に逆らおうとする自分の古い性質が、クリスチャンになっても自分の内に残っていることに信仰者は気がつき始めます。また同時に、人が神に従うという霊的な世界の中で、それを最も嫌う霊的な勢力にも遭遇します。ですからクリスチャンになると、ある種の戦いの中に身を置くことになります。これらの反対勢力の究極の目的は、人をまことの命から切り離して霊的な死に至らしめることなのですが、クリスチャンの内には死の力を打ち破ってよみがえられたキリストがいのちとして、決して見放さず見捨てないという不動の救いとして、与えられています。そしてクリスチャンはそのいのちを選び取れば、実際にそれらの敵対する力からの勝利を実感して歩むことができるわけです。

 神は私たちが自分の意思をもってその勝利の道を選び取っていくということを求められています。これは人の側の選択です。自分の中の声や古い性質、また悪しき霊からの声などがあって、それらが語りかけてきたときに、そちらの声ではなくて神の言葉の方を選び取る。それが「選び取る」の意味です。
 この万引きをしてしまう男は、救い主イエス・キリストに目を向け、キリストを自分の中に迎え入れたとき、その力を確信します。そして自分が「神が喜ばれることを神と共に喜ぶ者」に変えられており、ひとりひとりのいのちを愛おしみ尊ぶ者とされているという、今までに見たことのない光の世界を垣間見ます。そしてこここそが求めて歩むべき宝のあるところだと確信するわけです。そしてそれを喜び、祈り、無力な者でありながらも神に従う力を求めながらこの光の道を歩み始めます。
 神に従うと決めたとき、あの万引きへの誘惑はどこへ行ったのかと思うくらい自分とは関係のないものとなっていることを実感します。ですがちょっとだけ自分の昔ながらの性質に妥協して、その目が神から逸れたときに、あの頃の万引きへの誘惑が待ってましたとばかりやってくるわけです。最初は断固としてそういう思いを拒否していたはずが、いつの間にか聖霊から来る神の思いと自分の思いとが交錯し、気がついたら自分の思いの方を選んでいた。そう。彼はまた万引きをしてしまう・・。そのような可能性は実はあるのです。でもここからが世の中の人が全く誤解している部分で、それは「彼はその時点でクリスチャンとしての資格を失ってしまう」と思っているという点です。
 ここでは話を「万引き」という罪に限定していますが、クリスチャンは様々な罪について信仰生活を重ねるに従い、自分は本当にきよめられるに値しない者だと思うくらいに自らの罪をさらに深く実感するようになります。即ち、自分の罪深さが益々見えてくると言うわけです。そうなったらその人は、クリスチャンとしての資格を失うのでしょうかという話です。

 彼は再び万引きをしてしまった・・。しかしその時に彼は、以前の自分とは違う思いが自分の中にあることを見させられます。以前はただ、自分はダメな男だなと思いつつ、しかも万引きを繰り返していたわけですが、それが今はちょっと違う自分になっている。盗んだことに対して、ものすごく苦い思いが心に満ちている・・。ああ、こんなことはもう二度とやりたくないと思うわけです。それが聖霊の働きです。ただし、その苦い思いに蓋をすることもできてしまうんですね。実はここに信仰生活の明暗の分かれ道があるんです。彼は苦い思いにはっきり向き合い、キリストの前にもう一度立ちます。その時、この男は十字架にかかられたキリストを見上げます。そしてこのイエス・キリストという、今や自分のいのちとなってくださったお方が、自分の罪のために十字架にかかられ、父なる神の前にあがないとなってくださった救いそのものなのだ、ということが心に示されます。(これも聖霊の働きですが)それによって、ああ私の罪も、私の存在もゆるされているのだという、信仰者の原点にもう一度引き戻されるわけです。男は祈ります。「主よ、あなたの救いとゆるしが、今もあることを知りました。どうぞこのような私を哀れんでください。もう二度と盗みをしないように、私を作り変えてください。誘惑が来るときにはどうか私がそちらを見ることがないように守ってください。」と。この男はこのことを通して、自分の弱さというものをさらに体験的に知っていくようになるわけです。実はそれがクリスチャンの歩みの基本的な「型」なのです。
 信仰者は、人が本当に変わるのは自分の力では到底無理なことを、こういった挫折体験によって気付かされます。自分はまだまだ自分で自分を変えようとしていたんだということがわかるわけです。人を本当に変えることができるのは、人を造り、キリストを死からよみがえらせた、天地を作られた全能の神の御力しかないのだと・・。そして主の力に改めてすべてをゆだねるという決意をした時に、彼はそこに弱い者の上にある主の奇跡の御わざを体験し始めるのです。

 聖書の中には、神そしてイエス・キリストのされた奇跡の話、弟子たちを通してなされた奇跡の話が数えきれないほど出てきますが、それは主なる神ご自身がそれをなさる方であるということを、これでもかというほど強調しているわけです。ところが残念ながら多くの人々はそれを聞いてもそこには到達しないようです。信仰者でも、心の奥には中々それを認めようとしない固い壁があります。そのかたくなな心が、「主ご自身こそがそれを成し遂げることのできる唯一の存在である」というところに立ち返らされるという出来事を通して、少しずつですが、固い心の壁も少しずつ砕かれて行くというわけです。そうして初めてクリスチャンは「栄光から栄光へと主と同じ形に変えられていく」という奇跡を体験しながら歩むわけです。それは自分への絶望と神への降参の繰り返しなしにはあり得ない歩みです。
 ですからこの歩みはきよめられていくステップの話であり、懺悔すればゆるされるんだから、罪は犯し放題だよという考えとはおよそ真逆の世界です。

 この男はクリスチャンになってからも盗みをしてしまった。そして苦い思いの中でもう一度悔い改めて、神との交わりの中へ戻ることができた。だからもう二度と盗みをすることはないかというと、それもわからないわけです。誘惑や神への反対勢力の攻撃はさらに増し加わります。しかし彼の上にはいつも、彼を神の光の中に導く聖霊の存在があります。この聖霊を無視することはできますが、本人が求める限りは「決してあなたを見放さず、見捨てない」と言われる主なる神=聖霊がその歩みに伴ってくださるわけです。
 先ほど「ここに信仰生活の明暗の分かれ目があります」と書きましたが、明暗の分かれ目は、罪を犯してしまうか否かではなくて、罪を犯してしまったときに聖霊の促しに向き合うか、そこから目を逸らすか、これが明暗の分かれ目であるということです。この男は「明」を選んだわけです。では「暗」とはどういうことかというと、それは聖霊から目をそらしてその促しの声に蓋をしてしまうということ、即ちいのちなる神から目をそらすということです。結果、自分が何者なのか、神のみもとに帰る者とされたということがどんなことなのか、神がどのように栄光に富んだお方なのか、自分がいただいた宝がどのようなものか・・それがさっぱりわからなくなり、クリスチャンであることさえもわからなくなってしまうわけです。神が光であり、いのちであるのに、恵みによっていただいたその大きな祝福を地面の中に埋めてしてしまう。そして再び罪の奴隷という「以前の自分」に舞い戻る。これが「暗の選択」です。

 クリスチャンというのは、何度でも神の前に悔い改め、そこにすでに備えられているゆるしをその都度受け取り、そのたびに神の愛の深さと忍耐強さを目の当たりにし、神の御名をほめ、神を喜び、賛美し、ますます愛して歩む「砕かれる者」の道なのです。この何度でも「いのちを選択する」という地道な作業が信仰生活に於いては必須なのです。そのことを通して信仰者は十字架の真実味がますますリアルになり、そのためにいのちを捨てられた御子、そして父なる神の愛がどれだけ大きなものかをますます実感する者と変えられていくのです。

 何度でも悔い改める者を、神は限りなくゆるされる。それは神のもとに立ち返るという心の行為こそを、神様は認めてくださるからです。ペテロはイエス様に、(クリスチャンの)兄弟が自分に罪を犯したら何度までゆるしたらいいですか、七度までですか、と問います。それに対しイエス様は、七を七十倍までと言われました。これは490回までという意味ではなく、限りなくという意味です。それは神が自分に対してゆるされる回数のことでもあります。
 神が喜ばれるのは、悔いた心、砕かれた魂です。自分の力で歯を食いしばって頑張ろうとするべきポイントは、自分を変えようとするところではなくて、神に立ち返ろうとする、そちらを選択するというところにあるのです。そのために、時には自分を打ち叩く必要もあるかもしれません。そして神こそがそれを成し遂げることのできる存在であることを信じるというところに留まること。神はその心の決断を見て、その人を良しとされる。これが神に赦しをいただいた者の、神との関係に於ける基本なのです。
 神様とは限りなく忍耐強いお方。そのために人の子として地上に降り立ち、そのいのちをさえ惜しまずに私たちの罪のためにささげてくださった方なのです。


 以下、十二の聖書の言葉です。

 人が自分の友のためにいのちを捨てること、これよりも大きな愛はだれも持っていません。
 ・・ヨハネの福音書 15章13節

 神へのいけにえは砕かれた霊。
 打たれ砕かれた心。
 神よあなたはそれを蔑まれません。
 ・・詩篇 51篇17節

 強くあれ。雄々しくあれ。彼らを恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主ご自身があなたとともに進まれるからだ。主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない。」
 ・・申命記 31章6節

 人知をはるかに超えたキリストの愛を知ることができますように。そのようにして、神の満ちあふれる豊かさにまで、あなたがたが満たされますように。
 ・・エペソ人への手紙 3章19節

 人の子(キリスト)を悪く言う者はだれでも赦されます。しかし、聖霊を冒瀆する者は赦されません。
 ・・ルカの福音書 12章10節

 神を愛する人たち、すなわち、神のご計画にしたがって召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となることを、私たちは知っています。
 ・・ローマ人への手紙 8章28節

 「だれが主の心を知り、主に助言するというのですか。」しかし、私たちはキリストの心を持っています。
 ・・コリント人への手紙 第一 2章16節

 しかし主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。わたしの力は弱さのうちに完全に現れるからである」と言われました。ですから私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。
 ・・コリント人への手紙 第二 12章9節

 私たちはみな、覆いを取り除かれた顔に、鏡のように主の栄光を映しつつ、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられていきます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。
 ・・コリント人への手紙 第二 3章18節

 私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、宥めのささげ物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。
 ・・ヨハネの手紙 第一 4章10節

 私は、自分に与えられた神の恵みによって、賢い建築家のように土台を据えました。ほかの人がその上に家を建てるのです。しかし、どのように建てるかは、それぞれが注意しなければなりません。
だれも、すでに据えられている土台以外の物を据えることはできないからです。その土台とはイエス・キリストです。
だれかがこの土台の上に、金、銀、宝石、木、草、藁で家を建てると、
それぞれの働きは明らかになります。「その日」がそれを明るみに出すのです。その日は火とともに現れ、この火が、それぞれの働きがどのようなものかを試すからです。
だれかの建てた建物が残れば、その人は報いを受けます。
だれかの建てた建物が焼ければ、その人は損害を受けますが、その人自身は火の中をくぐるようにして助かります。
 あなたがたは、自分が神の宮であり、神の御霊が自分のうちに住んでおられることを知らないのですか。
 ・・コリント人への手紙 第一 3章10~16節

 ですから、私は目標がはっきりしないような走り方はしません。空を打つような拳闘もしません。
むしろ、私は自分のからだを打ちたたいて服従させます。ほかの人に宣べ伝えておきながら、自分自身が失格者にならないようにするためです。
 ・・コリント人への手紙 第一 9章26~27節

 以上、聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会 より (カッコ内は市原注)
 
------------------------------------------

 「ドラマー市原康のキリスト教談義」・・バックナンバーのご案内です。

  その14「救われる・・てなに?」2018/10.19
  その13「あんな人がどうしてクリスチャンなの?」2018/9.18
  その12「キリストは絵に描いた餅?」2017/11.21
  その11「聖書の目的」2017/5.11
  その10「聖書を読むと何がわかるのか」2017/4.24
  その9「クリスチャンとはどういう風な仕組みの人間か」2017/1.20
  その8「クリスマス・・それは」2016/12.30
  その7「助けを求める心」2016/11.12
  その6「イエスのことばが全く理解できなかった人々」2016/9.8
  その4「信じることでしか出会えない神」2016/6.28
  その3「罪人だと言われると、どうも・・」2016/5.31
  その2「熊本地震・・神は何をしているのか。」2016/5.2
 
 
   
   
  
2019.01.21.Mon 18:49 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)






PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2019.09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ENTRIES
キリスト教談義 番外190813(08/13)
ツイッター つぶやき開始(08/12)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 9-10月号(08/01)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2019.7-8 月号(06/22)
市原のライブスケジュール、表記に誤りのお詫びと訂正(06/04)
TRIO' ヘルプですッ!(05/19)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2019.5-6月号(04/19)
TRIO' (トリオッ) 春の二回ポッキリのご案内(04/15)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2019.3-4月号(02/09)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その15 【万引きをやめられない男】 (01/21)
2019 明けましておめでとうございます。(01/02)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2019.1-2月号(12/03)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2018.11-12月号(10/20)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その14 【救われる・・ってなに?】 (10/19)
2018年11月 TRIO' 秋のツアー と WIM ライブ の詳細ご案内(09/24)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その13 「あんな人がどうしてクリスチャンなの?」(09/18)
2018.11 TRIO'ツアー、チラシできあがりました。(09/12)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2018.9-10月号(08/21)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2018.7-8月号(06/11)
ご報告/角川シネマコンサート(04/21)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2018.5-6月号(03/27)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 3-4月号(02/16)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2018.1-2月号(12/29)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その12 【キリストは絵に描いた餅?】(11/21)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2017.11-12月号(10/22)
ライブ情報・追加です 9/15(金)(08/26)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2017.9-10月号(08/09)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2017.7-8月号(06/24)
キリスト教談義 その11 【聖書の目的】(05/11)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2017.5-6月号(04/29)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その10 【 聖書を読むと何が分かるのか・・】(04/24)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 3-4月号(02/24)
ドラマー市原康のキリスト教談義その9 【クリスチャンとはどういう風な仕組みの人間か】(01/20)
ドラマー市原康から、あけましておめでとうございます。(01/02)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その8「クリスマス・・それは」(12/30)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2017年 1-2月号(12/13)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その7 【 助けを求める心 】(11/12)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 12月号(11/12)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 10-11月号(09/24)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その6 【イエスのことばがまったく理解できなかった人々】(09/08)
TRIO' 秋のツアー いよいよ始まります。(09/06)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 8-9月号(08/06)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その5「悪質メール撃退グッズ」(07/25)
TRIO'、9月のツアーのご案内です(07/07)
ドラマー市原康インフォメーション 7-8月号(07/01)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その4【信じることでしか出会えない神】(06/28)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その3「罪人だと言われるとどうも・・」(05/31)
ドラマー市原康インフォメーション 6-7月号(05/28)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その3「罪人だと言われるとどうも・・」(05/28)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その2「熊本地震・・神は何をしているのか。」(05/02)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS