fc2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています
「鉄腕アトム」
・・と書いてびっくり、、、。鉄の腕なんだぁ・・。
 28日「温故知新・フォービートアゲイン」、無事終了。声優の立木文彦さんと辻谷耕史さんのステージ。わたくし的には初共演のメンバー、pf,谷川賢作、g,宮野弘紀、b,吉野弘志各氏との演奏が初回ではありましたが良い関係の中でお役目・・果たせたのではないかという感触で終わることができたのがうれしいことでした。
 このステージの第二部、最初の曲が「鉄腕アトム」・・。バンドが4ビートで始まり、、その後バラードへ、そして歌という、あまり聞かないがそれでも自然な流れの展開。一晩明けても妙に耳についている。この鉄腕アトムの歌詞は今回のピアニスト谷川賢作氏の父上、谷川俊太郎氏によるもの。まさしくリアルタイムで鉄腕アトムの名前を知っている人間にとってはもう、言葉とメロディーが完全にひとつの世界になって完結しているのだが、久しぶりに聞いて、またその作品が谷川俊太郎氏の詩だと知って、言葉を取り出して味わってみる。
 心やさしい 心ただしい 心はずむ ・・科学の子 1.2.3番と続いていた。


           atom.jpeg

 写真は実写版、、私はこの目撃者。この頃の主題歌は違う歌だったようだ。
 
 
 
2009.07.30.Thu 02:03 | 音楽 | trackback(0) | comment(2)
 30日は、自由が丘「マルディグラ」ライブ。ギターの大久保明がスタジオ系のミュージシャンをせっせとライブに引きずり出して活動を拡げているその大元みたいなバンド。先日の3ギターもその一環。ギターは大久保、サックスに小池修、ベースに伊藤昌明。メンツをよく知っている人には信じられない集まりかも知れない。これも大久保効果と言おうか。ミュージシャン達が商売抜きで動くとこんなことも起こるのかといった、、ミュージシャンの活動の「現場」を見たという気持ちになるかも知れない。
 
 
2009.07.29.Wed 20:59 | 音楽 | trackback(0) | comment(2)
 昨日は黒鯛プロデュース/和泉ちぬの公演、市原、初めて観客として芝居を観ました。
「異議ある夫婦」・・泣けました。すっごく良かった。キャストのひとりひとりに惚れました。演奏家で言うなら、とても楽しんでましたね。。高度にね。外から見て初めてわかる。。ちぬちゃん、、いい仕事してるね。これからも応援します。。市原も最後の打上にはドラムまで持ち込んで盛り上がってしまいました。。。はい
 そして昨日、、NHKBS「魅惑のスタンダードポップス」の本番収録、、舞浜のクラブイクスピアリで、、。
 
  ポップス4

 市原もこの歳になって、フルバンド系にも少し慣れ、ポップスにも少し慣れ。。ああ、まだまだひよっこでございますが、少し楽しめるようになってきました。いまごろ???? 上柴はじめバンドもバンドらしいまとまりを見せるようになってきまして、、何でも続けるもんですね。。市原、、あと30年、時間を戻したいっ。。。

 はい、今日はザ・高円寺・・温故知新フォービートアゲイン。詳細はホームページをご覧あれ。
 
 
2009.07.28.Tue 01:30 | 日記・エッセイ | trackback(0) | comment(1)
横浜は開港記念でどこに行っても華やいだ感じ。
本番前、腹が減って腹が減って、、、。
でも本番が一回終わるとご褒美のお食事が出る。
でももう倒れそう、、。だから食べたの・・。
ソフトクリームの上にドーナツが半分乗ってて・・、下にはシリアルが・・・。
ああ、メタボリそうだけど、、やめられなかったワタシ。
目の前にはアメ車が展示してあって・・。
やっぱりアメ車はでかくなきゃね・・。
・・70年代を謳歌したオッサンのたわごと・・。

   アメ車2
2009.07.26.Sun 01:57 | 日記・エッセイ | trackback(0) | comment(3)
 
 bun009.jpg cozy009.jpg


 「温故知新」ザ・高円寺の二人の歌手達、実は声優界の人気者。『新世紀エヴァンゲリオン』(碇ゲンドウ役)の立木文彦。そして『無責任艦長タイラー』(ジャスティ・ウエキ・タイラー役)の辻谷耕史。・・といっても私にはさっぱりわからない世界なのだ・・(汗)
 リハーサル、、やりました。おじさま達、きっとはりきって歌うし、楽しいひとときを提供してくれることと思いますよ。7月28日(火) 詳細は市原康のホームページにて
 http://i-produce.net
 
2009.07.25.Sat 01:42 | 告知 | trackback(0) | comment(1)
 部屋の中で鳴らしているとすごく似合う音楽というのがある。僕が好きなのはライル・メイズというピアニストのトリオのアルバム "fictionary"。これを鳴らすと部屋が特別な色を放ち始める。こういうのを愛聴盤というんでしょう。最近は何か聴こうとするといつもこのアルバムになってしまう。
 だが、、、。そんな愛聴盤を流しても全く耳に入ってこない、からだに入ってこない、その意味が全くわからない、こんなものの存在価値があるのだろうかといった風にしか聞こえてこないときがある。音楽の存在が自分にとって全く意味がない・・。音楽が人を癒やすといったようなことを聞くけど、ひとたび自分がそんな状態になってしまうとそんな音楽も全くなんの役にも立たない。
 今日、久しぶりに何かCDをと思って聴けば、結局この "fictionary" を選んでいる。今日はこのアルバム、相変わらず部屋に気品のある「特別」というにふさわしい静寂な空気をもたらしてくれる。
 ふと思った。音が人を癒やしてくれるかどうかは別として、音って今の自分を教えてくれるんだな・・と。

 その部屋から

   ベランダ2
2009.07.25.Sat 00:37 | 日記・エッセイ | trackback(0) | comment(2)
 菊池ひみこ/目黒・ブルースアレイ。無事終了。関節、外れそうにになりましたが、楽しくやらせていただきました。
 ところで、最近アップしましたブログ、、アクセス解析絡みで調子が悪くなってしまい。。すいません、しばらくオタク状態になるかも・・・。
 明日はNHKのポップスのリハーサル。歌手達を迎えての音合わせ。それともう一つ、来週に迫った「温故知新」ザ・高円寺でのライブのリハーサル。ああ、オタクになれない。。。
2009.07.23.Thu 03:36 | 告知 | trackback(0) | comment(2)
 たまたま皆既日食の日にライブをやるというだけのことですが、、、。
 今回出演のトランペットの岡崎好朗と、アルトサックスの近藤和彦は、二日前まで小曽根真ビッグバンドのツアーをやっていたとのこと。今日はリハーサルでしたが、打上で飲み過ぎのへろへろという感じで、、でもがんばってやってくれました。
 本番、、どうぞ、お楽しみに。ギターの矢堀孝一共に初顔合わせのグループでして、、。あ、それからひみこはハモンドを弾くのであります。
 では明日、、、目黒・ブルースアレイでお会いしましょう。
2009.07.21.Tue 21:20 | 告知 | trackback(0) | comment(2)
TRIO5.jpg


TRIO'のアルバム第5弾・・。
今度はみんなで作るTRIO'5と題して、ちょっと時間をかけて次の構想を練ろうかなと思っています。
皆さんのご意見、ご要望、、このブログで練り上げ、みんなで作るTRIO'5の可能性を探りたいと思っております。
まずはざっくばらんなご意見からいただけたらと思いますので、どうぞよろしく。
カテゴリは「TRIO'」です。
2009.07.20.Mon 19:45 | TRIO' | trackback(0) | comment(2)
 玄関先に出てみた。

 いつもこの時間は玄関先にテーブルを出してテキーラでも飲んだら似合うだろうなと、、ずっと思っているのだが、実現できていない。
 夕暮れ、、さびしい時間だけど、味わいたい時間。

090719夕景
2009.07.20.Mon 00:56 | 日記・エッセイ | trackback(0) | comment(3)






PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2009.07 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ENTRIES
G-Cafe 聖書のことば  #696 【いのちの木が大事】 創世記36(07/05)
G-Cafe 聖書のことば  #695【サタン・悪魔】 創世記35(07/04)
G-Cafe 聖書のことば  #694【恥ずかしいと思う心】 創世記34(07/01)
G-Cafe 聖書のことば  #693【行動の規範の創造者】 創世記33(06/30)
G-Cafe 聖書のことば  #692 【人の関係の最初の単位】 創世記32(06/29)
G-Cafe 聖書のことば  #691【ことばは神からのもの】 創世記31(06/28)
G-Cafe 聖書のことば  #690【ふさわしい助け手】 創世記30(06/28)
GraceCafeたいむ #110 【たましいの安らぎの場所】(06/25)
G-Cafe 聖書のことば  #689 【禁断の実】 創世記29(06/24)
G-Cafe 聖書のことば  #688 【必ず死ぬとは】 創世記28(06/23)
G-Cafe 聖書のことば  #687【与えられた尊厳】 創世記27(06/22)
G-Cafe 聖書のことば  #686 【神とともにある歩み】 創世記26(06/21)
G-Cafe 聖書のことば  #685 【私たちの目の前にある二本の木】 創世記25(06/20)
GraceCafeたいむ #109 【背く者の上にある神の愛】(06/18)
G-Cafe 聖書のことば  #684 【エデンの園の完成】 創世記24(06/17)
G-Cafe 聖書のことば  #683 【エルサレム中心の神の計画】 創世記23(06/16)
G-Cafe 聖書のことば  #682 【神によるいのち】 創世記22(06/15)
G-Cafe 聖書のことば  #681 【神と人の歴史の幕開け】 創世記21(06/14)
G-Cafe 聖書のことば  #680 【人とふれ合う神】 創世記20(06/13)
GraceCafeたいむ #108 【光の中を歩む】(06/11)
G-Cafe 聖書のことば  #679 【聖なる日】 創世記19(06/10)
G-Cafe 聖書のことば  #678 【神の計画の始まり】 創世記18(06/09)
G-Cafe 聖書のことば  #677 【本来の祝福を受け取る】 創世記17(06/08)
G-Cafe 聖書のことば  #676 【差別はない】 創世記16(06/07)
G-Cafe 聖書のことば  #675 【神の似姿】 創世記15(06/06)
GraceCafeたいむ #107 【平安の条件】(06/04)
G-Cafe 聖書のことば  #674 【御子キリスト】 創世記14(06/03)
G-Cafe 聖書のことば  #673 【キリストの登場】 創世記13(06/02)
G-Cafe 聖書のことば  #672 【人が生きるための世の創造】 創世記12(06/01)
G-Cafe 聖書のことば  #671 【美の極み】 創世記11(05/31)
G-Cafe 聖書のことば  #670 【大きいものと小さいもの】 創世記10(05/30)
GraceCafeたいむ #106  【私たちの国籍は天にあります】(05/28)
G-Cafe 聖書のことば  #669 【概念も被造物】 創世記9(05/27)
G-Cafe 聖書のことば  #668 【そもそもの原因】 創世記8(05/26)
G-Cafe 聖書のことば #667 【自然界は神のみわざのしるし】 創世記7(05/25)
G-Cafe 聖書のことば  #666 【想像の域を超えた方】 創世記6(05/24)
G-Cafe 聖書のことば  #665 【光と時間の創造】 創世記5(05/23)
GraceCafeたいむ #105 【主に従おうと思うなら】(05/21)
G-Cafe 聖書のことば  #664 【神の霊】 創世記4(05/20)
G-Cafe 聖書のことば  #663 【おそれるべき方】 創世記3(05/19)
G-Cafe 聖書のことば  #662 【神がおられる】 創世記2(05/18)
G-Cafe 聖書のことば  #661 【「はじめ」がある】 創世記1(05/17)
G-Cafe 聖書のことば  #660 【聖霊行伝】 聖霊の働き279(05/16)
GraceCafeたいむ #104 【弱さの上にある恵み】(05/14)
G-Cafe 聖書のことば  #659   【神のご計画は記されていた】 聖霊の働き278(05/13)
G-Cafe 聖書のことば  #658 【目が開かれる恵み】 聖霊の働き277(05/12)
G-Cafe 聖書のことば  #657 【すべての民の望み】 聖霊の働き276(05/11)
G-Cafe 聖書のことば  #656 【すべてを備えられる神】 聖霊の働き275(05/10)
G-Cafe 聖書のことば  #655 【聖霊の働き】 聖霊の働き274(05/09)
GraceCafeたいむ #103 【生きる目的が変わる】(05/07)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2022年07月(3)
2022年06月(26)
2022年05月(26)
2022年04月(25)
2022年03月(28)
2022年02月(24)
2022年01月(27)
2021年12月(27)
2021年11月(26)
2021年10月(27)
2021年09月(26)
2021年08月(26)
2021年07月(27)
2021年06月(26)
2021年05月(26)
2021年04月(28)
2021年03月(26)
2021年02月(24)
2021年01月(25)
2020年12月(27)
2020年11月(24)
2020年10月(27)
2020年09月(26)
2020年08月(26)
2020年07月(27)
2020年06月(26)
2020年05月(27)
2020年04月(27)
2020年03月(28)
2020年02月(26)
2020年01月(25)
2019年12月(30)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS