FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内など・・・
 
 フィットネスクラブに入ったのだ。
 外からも見える・・、何もこんな板の上で走らなくても自然の中を走ればいいじゃんかと、、。大体散歩もろくすっぽできないのにそんなもんできるわけないじゃん・・と否定的な私の首に縄をつけて引っ張っていった人がいる。そう、うちの奥さん。もちろん自分がやりたいわけで・・。ダメだと言うにもそれなりの必要もあろうかと思い、渋々二人で下見に行った。
 結構年配の人もやっている。何回行っても良いし、いつでも利用できる。それにエアロビクス、コンディショニング系、リラクゼーション系、ヨガ系、格闘技系、ダンス系、それにプールでもいろいろな特別プログラムがある。プログラム以外はジムなど自由に好きなだけいろいろな機械を使うことができる。そして風呂にサウナ。
 この下見で見せてもらったプログラムは格闘技系の「Group Kick」というもの。音楽に合わせてボクシングのような運動をいろいろ組み合わせておじさんから若い女性までやっていた。とても楽しそうに、またその動きが皆かわいらしい。本当のジムなどのような悲壮さはどこにもなく、なんだかテーマパークみたいな雰囲気でやっている。一団でやっている皆の動きを見ているうちに自分でもやりたくなってきて・・。「なんか、遊園地みたいだね。」と家内の前で口走ってしまった。
 いろいろなプログラムの内、わたくし的にはヒップホップ・・アハハハ。これ、マジでやりたいんだけど、当然体は付いて行かない。が、初心者向けのものからあるので、暫くしたら挑戦しようと思っている。簡単に格好つけられるだけで、あとはそりゃ私、ドラマーですから、、、もう結構その気になれるんじゃないかと踏んでおります。
 最初に体の測定をして、その人の体に合わせた運動プログラムを最初の三ヶ月間指導してくれる。ちょっと台の上に乗って両手に何かバーのようなものを握るだけで体に関するあらゆる数値と、その状態にあった運動のプログラムが出てくる。私は筋肉が少なくて脂肪が過剰だと。それから「市原康様の上半身筋肉はそれなりに十分であるが、下半身筋肉量は市原康様の体重を支えるのに不十分だということです。」とか書いてある。様とか言いながら、その口の利き方はなんだと言いたくなるが、機械が打ち出した文章なので文句を言うのも忘れて帰ってきた。もう一つ、市原康様は腹部の脂肪率が標準を超える内臓脂肪型です。・・と来た。脂肪のことはわかってたけど筋肉が少ないって言われるとマジ「むっ」とする。なんて若者の言葉を使ってみる。先日前田憲男さんにフィットネスクラブに入ったという話をしたら、ドラマーだから体動かし放題で、そんなもの必要ないでしょう・・といわれたのですが、そんなわけはありません。実際始めたら理屈がわかりましたよ。
 僕はとにかくすぐに体が硬くなってしまって、放っておくととんでもなくガチガチ状態になって、にっちもさっちもいかなくなってしまうので、定期的にマッサージをしてもらわないとどうにもならない。どうして疲れるかというと、体が硬くなればそれを動かすために筋肉にそれだけ余計な負担がかかる。だからガチガチだと体中にバネを張り巡らせた星飛雄馬状態になってしまうというわけ。ところが、ストレッチから徐々に各部の筋肉を少しずつ鍛え、動く体に対応できる自分にしておくと体が難なく動き、疲れないというこの理屈。このフィットネスクラブでいろいろやっているうちにそれがよ~くわかってきた。
 今では暇さえあれば最寄りの駅前にあるこのフィットネスクラブ「OASIS」に行くようになりまして・・。ははは、気分は・・アスリートなのだ。
 
 
2010.01.29.Fri 22:19 | 日記・エッセイ | trackback(0) | comment(5)
      100119TRIO(295).jpg


 昨年、11月12日に南青山/Body & Soulにて行ったライブレコーディング。うまく行けば5枚目のTRIO’ということでやりましたが、、。残念・・、ボツということに相成りました。いろいろな方から、良かったのにというお言葉もいただきましたが、何しろ「疲れ」が見えるというのはどうにも。。その前の浜松やその後の開成ライブなどの出来に比べて、これはいつもの「TRIO’」ではないという結論に至りまして・・。でもこれであきらめたわけではありません。すでに次回のライブレコーディング・・決定しております。5月にTRIO’のツアー、そのときに東京/Body & Soul 5/20(木)と、前橋/YUME studioホール5/21(金) の二カ所でやります。いつものTRIO’を切り取れれば良い・・それだけなのですが、それがなかなか難しい。尤も前回の音を一部ミックスして、音の作り方などを録音を担当して下さった Saidera Pradaisoのオノセイゲンさんといろいろ準備を重ねたいと思っています。どうぞTRIO’/5枚目・・実現できるよう、、応援、、といっても何をしたら良いかわからないですよね。・・そう。。。あたたか~い言葉を・・・・それですよ。ひとつ・・よろしく。

 さて、今年ももう二月。2月はちょっとおとなしくしているという感じです。尤もこの月は東京音楽大学の入試がありまして、若者の運命を決めてしまうという神さまみたいな仕事をしなければなりません。これは何とも気が進まない仕事ですが、しなければなりません。
 私が担当しているのは作曲科の映画放送音楽コースとインストゥルメンツコースですが、景気が低迷してか、応募者も減っています。ということはチャンスでもあるということ。この学科はとにかくスタジオでの活動の実際をそっくりそのまま体験でき、卒業すれば即戦力という人材を育成するところです。作編曲家ならばアレンジからレコーディングのディレクション、スタジオの録音現場での必要の一切、自分の作編曲をどうやってプレーヤーを使って最高の仕上げに持っていくかなど・・。またプレーヤーとしては作曲もし、演奏もし、編曲家の譜面に対してどういうアプローチが可能かなどの実体験、もちろん演奏技術の実際、録音に対応した奏法など、、。そしてそれらを教える教授陣、講師陣は皆現役の演奏家です。自分でやっていながら、こんなに恵まれた奴らはいないよなあといつも思わされる、、そんな現場です。入試直前にこんなご案内をしてもしょうがないかも知れませんが、これからという方にはおすすめできる学科です。このような学科は他にはありません。

 ・・と、話が逸れました。2月は魅惑のスタンダードポップスの公開収録に始まり、福田重男トリオ・・珍しい?、早稲田系/金城寛文カルテット、おなじみ前田憲男ウインドブレーカーズなど。皆様のお越しをお待ちしております。

 ライブ情報の詳細はホームページより。

 写真は前回のライブレコーディングの時。撮影:平田一八
 
 
2010.01.19.Tue 21:09 | TRIO' | trackback(0) | comment(2)






PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2010.01 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ENTRIES
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2017.9-10月号(08/09)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2017.7-8月号(06/24)
キリスト教談義 その11 【聖書の目的】(05/11)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2017.5-6月号(04/29)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その10 【 聖書を読むと何が分かるのか・・】(04/24)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 3-4月号(02/24)
ドラマー市原康のキリスト教談義その9 【クリスチャンとはどういう風な仕組みの人間か】(01/20)
ドラマー市原康から、あけましておめでとうございます。(01/02)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その8「クリスマス・・それは」(12/30)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2017年 1-2月号(12/13)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その7 【 助けを求める心 】(11/12)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 12月号(11/12)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 10-11月号(09/24)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その6 【イエスのことばがまったく理解できなかった人々】(09/08)
TRIO' 秋のツアー いよいよ始まります。(09/06)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 8-9月号(08/06)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その5「悪質メール撃退グッズ」(07/25)
TRIO'、9月のツアーのご案内です(07/07)
ドラマー市原康インフォメーション 7-8月号(07/01)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その4【信じることでしか出会えない神】(06/28)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
TRACKBACKS
LINKS