FC2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています
       黒鯛2010相続しても2pc 小


 TRIO’、ライブアルバム・・着々と準備進行中。今回のジャケットデザイン・・まだ発表できませんが、今はとても楽しみにサンプルの出来上がりを待っているところです。演奏内容は勿論のことですが、手にしてうれしい・・そんなCDを作りたいと・・。音楽配信の時代に逆行する古いタイプの人間なのであります。乞う、ご期待!
 8月は少々忙しい。少々忙しいという月は、その他のこともあるので大変忙しい・・ということに。勿論CD制作の作業もあり、そして、久しぶりなのですが、芝居に復帰。8/20(金)-22(日)に銀座みゆき劇場にて。但し、市原は舞台に登場しない・・声だけなのです。でも役としては要になる位置にいますのではりきっております。和泉ちぬさんが主催する黒鯛プロデュース。今回で7回目。スタートから10年目に当たります。市原は1~5回を参加させていただき、貴重な体験をする羽目に (笑)。そして今回、再びお声がかかり、、といった次第。私は舞台上にいませんので、代わりにと言ってはなんですが、ちゅらさんや王様のブランチでおなじみの山口あゆみさんの生出演と言うことでご勘弁を。その他わはは本舗の佐藤正宏さん、クロイヌパレードの岩渕敏司さんほか、大好きな役者さん揃い。そして今回は脚本が映画・TVドラマの脚本で赤丸急上昇中のイケタニマサオ。演出は代々、NHKの大河ドラマども手がけている遠藤理史。そしておなじく演出の小鹿坂はらひとに言わせれば「真剣な大人のお遊び」というこの黒鯛シリーズ。どうぞ万障お繰り合わせの上、ご来場をお願い申し上げます。チケットは市原までお申し越し下さい。ichihara@I-produce.net
 ・・と、芝居の話ばかりでしたが、8月は本職・・いろいろなライブがあります。まずは一年ぶりのTriple Guitar。三人ともスタジオミュージシャンですが、全くタイプの違う三人、直居隆雄、萩谷清、大久保明。ギタリスト必見。8月5日(木)、大塚ウェルカムバック。翌8月6日には江東区森下、な~じゅ。金城寛文クインテット。そして7日は上野不忍池”UENO JAZZ INN '10”。市原は古野光昭のUENO SPECIAL SELECTというグループにて出演。二胡のウェイ・ウェイ・ウー。バイオリンの里見紀子、ピアノには森下滋。そして翌週11日(水)、徳島の皆様、阿川泰子のステージ、中央公園、入場無料です。14日(土)には我が早大スイング&ジャズ研究会のOB、鹿野道夫君saxの還暦メモリアルライブ。プロではありませんが、当日は一般客にも開放と大きく出ております。(笑) 一般の方にはきびしいご批評を。SJCの方々にはお誘い合わせの上、祝福に駆けつけていただけましたら幸い。19日(木)は赤坂B♭にて「金城組」。金城寛文tsが結成したフルバンドデビューです。市原も慣れないタイプの曲が多く、久しぶりに予習モード(笑)。それから芝居があり、そのあと24日(火)にはおなじみ前田憲男/ウインドブレーカーズ。銀座スウィングです。
2010.07.29.Thu 01:19 | 音楽 | trackback(0) | comment(0)
      100702ドラムセット


 時々だけど、スタジオでやりたいことができて、それがエンジニアの研修でもある・・っていうのがある。先日もキングのスタジオでそれをやった。私たちは8月5日(木)、大塚/Welcome backでやる3ギター/直居隆雄、萩谷清、大久保明のライブのリハーサルを兼ねて録音もしちゃうというメリット付き・・。
 三人のエンジニアが2-3曲ということで7曲録音をした。三人は私が現場でお世話になっているようなベテランと、現在スタジオで色々やっておられるのだろうなと思われる中堅・・かな。そしてアシスタントをやっている若手。それぞれ自分の音を作って録音をする。最初は中堅のエンジニアが二曲。彼はポップス、あるいは歌謡曲、演歌などが中心なのだろうか。ジャズとなるとサウンドのイメージがないのかも知れない。ドラムの音もこれが普段のレコーディングでの音創りなんだろうなと思うが、シンバルが遠くにいてスネアをしっかり出す・・、そんな音になっているからジャズとしてのおもしろみが全くない。ジャズのドラムはスネアとキックでリズムを出してるんじゃなくてパーツを駆使して全体でものを語ろうとしている。ジャズって言うのはプレーヤー同士の関係がはっきり聞こえるときにこそおもしろさが目の前に広がり、単なる音だけの世界ではなくて想念の世界にまで入り込んでくるものだと思うんです。私など、若い頃擦り切れるほど聴き込んだアルバムというのは大抵そういうアルバムでした。ドラマーで言えば、ジャック・ディ・ジョネット、トニー・ウイリアムス、エルビン・ジョーンズ・・。彼らがスタープレーヤーと言うこともあるが、間違いなくドラムはしっかり聞こえ、全体との関係が見えるアルバムばかり。そういう音を聴いて育っているせいか、今時の録音の音には満足するようなものに出会ったことがない。そのエンジニア氏に「ジャズのドラムはライドシンバルがメインで、スネアというのはオカズと言われている通り、扱いとしてはメインの次なんだ。」とそんなことを話した。そうしたらバランスは変わったが、まだシンバルがきれいすぎる。もっと下品でいいんだよねと・・ちょっと過激な言い方かも知れないが私の感想を申し上げた。
 次にやったベテランエンジニア氏はさすがに全体の音のバランスも良い。音の関係も分かる。ブラシをやっていてもはっきりフレーズが聞こえるくらいに、普通のレコーディングだったら決してやらないくらいのバランスで出している。ギタリストにしたらちょっと大きいんじゃないのと言うくらいだが僕的にはOK。こうでなければおもしろくない。特にそれをやっているドラマーとしては、背後で蚊が飛んでいるような音に作ってくれたってうれしくも何ともない。関係がはっきり聞こえる、それは音楽をより面白く表現する一番簡単な方法ですよ。このエンジニア氏、三人のギタリストの音の違いも適切に表現していたと思う。
 そして三人目のアシスタントエンジニア氏。ヘッドホンで聴くと一人のギターが異常に大きい。兎に角バランスというものが見えてこない。そのギタリストはしょうがないから自分のアンプのボリュームを調整しながらやっていた。こちらはリハーサルなので、余り音に構っていられないということもあり、こちらでバランスを変えてしまう・・。音色もよくわからない上に音が大きいという、演奏者にはとてもやりにくい状況。後でプレイバックを聴く。彼は20代だと思う。簡単に言えば「品」という類のにおいがない。思想がないとも言える。ドラムのキックの音はロックみたいに大きい。ジャズのドラムはロックのようにリズムパターンとして叩くよりも、いろいろなフレーズに伴って叩くことの方が多い。だからロックのようにバランスが大きいと、キックを叩いたときだけドカンと聞こえて、そうでないときには何もない。要するにリズムパターンではないから不定期にドカーンという音が登場する。そのたびに流れが止まる・・そういう感じ。それを説明したら、納得はしていた様子。それにしてもやはりバランスが取れた感覚とポリシィーのというようなものって経験を積まなければだめなのだろうか。いや、人というのはこういうのが良い・・という感覚さえあれば自然にそれをするんじゃないだろうかと僕は思っている。
 たいていの場合、、。僕の想像だけれど、「こうでなければいけない」といった類の、感覚で処理する前に立ちはだかる「教えられたこと」というのがあって、それがその人の自然な感性が解放されるのをすごく妨げているんじゃないか・・そんな気がする。エンジニアの学びの世界のことは全く知らないが、ドラムの学びの世界のことを思って、、どこでも同じような事ってあるんじゃないかと、、そんなことを思う。つい最近、ツイッターでつぶやいたことがある。それはドラムを教えるのに初心者は面白い・・ということ。やることをひとつひとつ教え、一緒に叩いて感覚を覚えさせるだけで、リズムのノリやアンサンブルのことなどは一言も言わない。そうすると、特に女性に多いが、、どか~んとした、重たい/良い意味/リズムを平気な顔をして叩く。また、とても不器用と思われる人でもすごく小気味のいいところを叩いたりする。まさにヘタウマの極致みたいなもので、こういうところを僕もやりたいんだけどなあ・・みたいなことをやる。
 知識、それは必要ではあるけれど、もともと人の感性が全開で働くために必要な事って、それほどはないのかも知れない。教える者が自分の経験とか感覚を教える・・そこには大変な落とし穴があるかも知れない。単純にやっていることをそのままやらせ、そこにはこういう事がある・・というようなことは言わないようにしなければならない・・のではないかと、最近思うようになってきた。
 自分は教える側としてその大きな過ちをずいぶんやってきたんじゃないだろうか。今になってだけど、面白い人材を育てたいという思い、、湧いてきている。教える者として働くなら、感性を全開にする若い人を世に送り出したい。

 写真は私のドラムセット 撮影:平田一八 ドラム製作:石田洋一郎


 
2010.07.04.Sun 00:04 | 音楽 | trackback(0) | comment(6)






PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2010.07 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ENTRIES
聖書のことば #11 【救いとは-2】(11/22)
聖書のことば #10 【救いとは】(11/21)
聖書のことば #9 【福音4 イエス・キリスト】(11/20)
聖書のことば #8 【福音3 復活】(11/19)
聖書のことば #7 【福音2 キリストの十字架】(11/18)
聖書のことば #6 【福音(ふくいん)】(11/16)
聖書のことば #5 【自分を低くする者】(11/15)
聖書のことば #4 【あなたは兄の側にいませんか】(11/14)
聖書のことば #3 放蕩息子の帰還(11/13)
聖書のことば #2 義人(11/12)
聖書のことば #1 創世記1章1節(11/11)
TRIO' 2019 秋の二回ポッキリ! 間もなくです!(11/02)
お詫び(10/18)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 11-12月号(10/15)
キリスト教談義 番外190813(08/13)
ツイッター つぶやき開始(08/12)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 9-10月号(08/01)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2019.7-8 月号(06/22)
市原のライブスケジュール、表記に誤りのお詫びと訂正(06/04)
TRIO' ヘルプですッ!(05/19)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2019.5-6月号(04/19)
TRIO' (トリオッ) 春の二回ポッキリのご案内(04/15)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2019.3-4月号(02/09)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その15 【万引きをやめられない男】 (01/21)
2019 明けましておめでとうございます。(01/02)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2019.1-2月号(12/03)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2018.11-12月号(10/20)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その14 【救われる・・ってなに?】 (10/19)
2018年11月 TRIO' 秋のツアー と WIM ライブ の詳細ご案内(09/24)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その13 「あんな人がどうしてクリスチャンなの?」(09/18)
2018.11 TRIO'ツアー、チラシできあがりました。(09/12)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2018.9-10月号(08/21)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2018.7-8月号(06/11)
ご報告/角川シネマコンサート(04/21)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2018.5-6月号(03/27)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 3-4月号(02/16)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2018.1-2月号(12/29)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その12 【キリストは絵に描いた餅?】(11/21)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2017.11-12月号(10/22)
ライブ情報・追加です 9/15(金)(08/26)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2017.9-10月号(08/09)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2017.7-8月号(06/24)
キリスト教談義 その11 【聖書の目的】(05/11)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2017.5-6月号(04/29)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その10 【 聖書を読むと何が分かるのか・・】(04/24)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 3-4月号(02/24)
ドラマー市原康のキリスト教談義その9 【クリスチャンとはどういう風な仕組みの人間か】(01/20)
ドラマー市原康から、あけましておめでとうございます。(01/02)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その8「クリスマス・・それは」(12/30)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2017年 1-2月号(12/13)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2019年11月(12)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS