fc2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています
    111028開成ライブ

TRIO’、秋のツアー、始まりました。
 初日「開成ライブ」、200人以上の方が詰めかけ、市原と高校の同期で親しかった小出裕章による講演「原子力に掛けた夢と現実」とTRIO’のライブという前代未聞のイベント。実は一番心配だったこの初日。素晴らしいイベントとなりました。というのは、小出の講演を聞きに来た人と、TRIO’を聴きに来てくれた人、、合わせて200名なのですが、両者とも小出の講演とTRIO’のライブの両方をじっくり受け止めて帰って頂いたという感触がある。おいでくださった皆様、本当にありがとうございました。ひとつ残念だったのは開成の現役の高校生たちに小出の話を聞かせたかった、またTRIO’のジャズを聴かせたかった。この両方、、かなわなかったという点。学校も蓋を開けてどういう事になるかも分からないわけで、なかなか生徒を積極的に動員するということは難しかったようです。ですが、あの「開成」がこのライブを受け入れてくれて、後押ししてくれたということがとにかく、ある先輩に言わせれば「時代の変化を感じる」。このライブ、どのような意味があったのか、、じわじわと分かってくるのではという市原の感触。
 2日目、松戸。グランドピアノが置いてある小さなスペース,レンタルスタジオHosei。そこにTRIO’のセットを組み、それを囲むようにして椅子を並べ、50人でぎちぎちという、とても人口密度の高いコンサートとなりました。近いのって良いですね。主催が「松戸クラシック音楽を楽しむ会」ということで、ジャズをやってどうなるかと思いましたが、本当に暖かいコンサートとなりました。そして来年の三月のTRIO’春のツアー、すでに松戸が決定。新しい出会いに感謝。
 その翌日30日(日)。TRIO'のツアーはお休みにして、早稲田大学モダンジャズ研究会の50周年記念コンサート。懐かしい顔顔顔。時代が一辺に40年遡る。それにしてもこんなにいるのか、、ダンモ研卒のプロが、、。うじゃうじゃいる。その多さに本当にびっくりした。ゲストに日野皓正氏。市原は佐藤達哉のバンドと日野さん+佐藤達哉で叩きました。あの頃、学校辞めてほとんどみんなプロになってしまって・・。学校へ行っている方がおかしかった時代。皆、勿論60過ぎているわけで、、、その皆まだ元気でやっている。うれしい再会のひとときでした。
 明日はいよいよ車の旅が始まります。
 嗚呼
軽井沢。皆さん、東京から近いですよ。日帰り良し。泊まりも良し。今からでも遅くありません。お待ちしてま~す。
 
 
2011.10.31.Mon 00:00 | TRIO' | trackback(0) | comment(0)
      111023京都南禅寺
                           京都:南禅寺にて 撮影:市原


 11月はもっぱらTRIO'のツアー。随時ご報告をさせていただきます。思い出したらツイッターなどでアップしていくつもりです。チェケラウトぅっ !
・10/28(金) 開成ライブ+小出裕章講演・・お陰様で予定席数が完売となり、受け付けを終了させていただきました。ありがとうございました。
・10/29(土) 松戸、チケットあります。
・10/31(月) 軽井沢、東京から近いです。
・11/1(火) 十日町・・お寺でやります。
・11/2(水) 宝塚、関西圏はここだけです。
・11/3,4,5 (木,金,土)鳥取JAZZ・・三日間滞在。最後の日がTRIO'のライブ、
 その他各イベントに 出没。
・11/6(日) 松江・・米子、出雲、雲南方面の方々もお待ちしています。
・11/7(月) 呉、てらだ稔・・ジャズを歌います。
・11/8(火) 広島・・ジャズ聴き方教室、ライブにお越しの方、無料です。
・11/9(水) 名古屋・・ミスター・ケリーズ、お店,広くなりました。来てください。
・11/10(木) 浜松・・いつもの田町サロン。ゆったりした空間でジャズを。
・11/11(金) 東京レザール・・最後のお帰りなさいライブです。

 以上のライブで予約が出来ない、その他不明な点がありましたら市原までメールichihara@I-produce.netにてお問い合わせ下さい。

 各地でのみなさまとの出会いを楽しみにしています。では車の旅・・出発。
 
 
2011.10.24.Mon 03:07 | 音楽 | trackback(0) | comment(3)
 いよいよTRIO’ツアーが始まりますが、その初日の開成ライブ。当初200名のお客様と開成の現役の生徒を立ち見で・・と予定しておりましたが、お申し込みが200名を超え、10月13日(木)をもちましてお申し込みを締め切らせていただきました。
 市原に直接お申し込みをくださった方の中では、直接存じ上げない方の割合がとても多く、多くの方々の「原発・その後」への関心の高さを窺わせるものでした。
 先ずは、ここに10月28日(金)の開成ライブのお申し込みの締め切りのご連絡をさせていただきます。

 TRIO’のツアーは続いて松戸、軽井沢と続きます。関東地方の皆さまには軽井沢に是非とおすすめしています。今回も我ら三人、老体に鞭打って・・と言うと他の二人が「オレは違う」とか言いそうですが・・がんばりますので、どうぞよろしくお願いします。

 ありがとうございました。

 詳細はホームページhttp://I-produce.netの表紙、「秋のツアー詳細」をご覧ください。

 
 
2011.10.14.Fri 00:21 | TRIO' | trackback(0) | comment(0)






PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2011.10 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ENTRIES
G-Cafe 聖書のことば  #696 【いのちの木が大事】 創世記36(07/05)
G-Cafe 聖書のことば  #695【サタン・悪魔】 創世記35(07/04)
G-Cafe 聖書のことば  #694【恥ずかしいと思う心】 創世記34(07/01)
G-Cafe 聖書のことば  #693【行動の規範の創造者】 創世記33(06/30)
G-Cafe 聖書のことば  #692 【人の関係の最初の単位】 創世記32(06/29)
G-Cafe 聖書のことば  #691【ことばは神からのもの】 創世記31(06/28)
G-Cafe 聖書のことば  #690【ふさわしい助け手】 創世記30(06/28)
GraceCafeたいむ #110 【たましいの安らぎの場所】(06/25)
G-Cafe 聖書のことば  #689 【禁断の実】 創世記29(06/24)
G-Cafe 聖書のことば  #688 【必ず死ぬとは】 創世記28(06/23)
G-Cafe 聖書のことば  #687【与えられた尊厳】 創世記27(06/22)
G-Cafe 聖書のことば  #686 【神とともにある歩み】 創世記26(06/21)
G-Cafe 聖書のことば  #685 【私たちの目の前にある二本の木】 創世記25(06/20)
GraceCafeたいむ #109 【背く者の上にある神の愛】(06/18)
G-Cafe 聖書のことば  #684 【エデンの園の完成】 創世記24(06/17)
G-Cafe 聖書のことば  #683 【エルサレム中心の神の計画】 創世記23(06/16)
G-Cafe 聖書のことば  #682 【神によるいのち】 創世記22(06/15)
G-Cafe 聖書のことば  #681 【神と人の歴史の幕開け】 創世記21(06/14)
G-Cafe 聖書のことば  #680 【人とふれ合う神】 創世記20(06/13)
GraceCafeたいむ #108 【光の中を歩む】(06/11)
G-Cafe 聖書のことば  #679 【聖なる日】 創世記19(06/10)
G-Cafe 聖書のことば  #678 【神の計画の始まり】 創世記18(06/09)
G-Cafe 聖書のことば  #677 【本来の祝福を受け取る】 創世記17(06/08)
G-Cafe 聖書のことば  #676 【差別はない】 創世記16(06/07)
G-Cafe 聖書のことば  #675 【神の似姿】 創世記15(06/06)
GraceCafeたいむ #107 【平安の条件】(06/04)
G-Cafe 聖書のことば  #674 【御子キリスト】 創世記14(06/03)
G-Cafe 聖書のことば  #673 【キリストの登場】 創世記13(06/02)
G-Cafe 聖書のことば  #672 【人が生きるための世の創造】 創世記12(06/01)
G-Cafe 聖書のことば  #671 【美の極み】 創世記11(05/31)
G-Cafe 聖書のことば  #670 【大きいものと小さいもの】 創世記10(05/30)
GraceCafeたいむ #106  【私たちの国籍は天にあります】(05/28)
G-Cafe 聖書のことば  #669 【概念も被造物】 創世記9(05/27)
G-Cafe 聖書のことば  #668 【そもそもの原因】 創世記8(05/26)
G-Cafe 聖書のことば #667 【自然界は神のみわざのしるし】 創世記7(05/25)
G-Cafe 聖書のことば  #666 【想像の域を超えた方】 創世記6(05/24)
G-Cafe 聖書のことば  #665 【光と時間の創造】 創世記5(05/23)
GraceCafeたいむ #105 【主に従おうと思うなら】(05/21)
G-Cafe 聖書のことば  #664 【神の霊】 創世記4(05/20)
G-Cafe 聖書のことば  #663 【おそれるべき方】 創世記3(05/19)
G-Cafe 聖書のことば  #662 【神がおられる】 創世記2(05/18)
G-Cafe 聖書のことば  #661 【「はじめ」がある】 創世記1(05/17)
G-Cafe 聖書のことば  #660 【聖霊行伝】 聖霊の働き279(05/16)
GraceCafeたいむ #104 【弱さの上にある恵み】(05/14)
G-Cafe 聖書のことば  #659   【神のご計画は記されていた】 聖霊の働き278(05/13)
G-Cafe 聖書のことば  #658 【目が開かれる恵み】 聖霊の働き277(05/12)
G-Cafe 聖書のことば  #657 【すべての民の望み】 聖霊の働き276(05/11)
G-Cafe 聖書のことば  #656 【すべてを備えられる神】 聖霊の働き275(05/10)
G-Cafe 聖書のことば  #655 【聖霊の働き】 聖霊の働き274(05/09)
GraceCafeたいむ #103 【生きる目的が変わる】(05/07)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2022年07月(3)
2022年06月(26)
2022年05月(26)
2022年04月(25)
2022年03月(28)
2022年02月(24)
2022年01月(27)
2021年12月(27)
2021年11月(26)
2021年10月(27)
2021年09月(26)
2021年08月(26)
2021年07月(27)
2021年06月(26)
2021年05月(26)
2021年04月(28)
2021年03月(26)
2021年02月(24)
2021年01月(25)
2020年12月(27)
2020年11月(24)
2020年10月(27)
2020年09月(26)
2020年08月(26)
2020年07月(27)
2020年06月(26)
2020年05月(27)
2020年04月(27)
2020年03月(28)
2020年02月(26)
2020年01月(25)
2019年12月(30)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS