fc2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています
  1203ツアーチラシ

 2月号ですが、先ずはTRIO’/春のツアー/3月 のご案内です。3月1日から17日まで。毎回これはやり過ぎだと体が言うのですが、何故かやる度に日数が増えている。
 チラシのキャッチは「初めて聴くのに懐かしい」。過去のキャッチなどを見ておりますと「男は目覚め、女は安らぎ、こどもは眠る」「そこには熱い静けさがある」など・・。こうして並べてみていますと、自分が何を求めてやってきているのか、少しずつ見えてくるような気がします。少なくとも「姿」や「スタイル」にこだわるという考えはほとんどない。「その音がどこから出てくるのか」、それが変わらぬテーマであるように思います。
 日程のみ記しておきます。詳細は市原のホームページ でご覧になれます。

3月
1(木)  名古屋・ミスターケニーズ
2(金)  浜松サロン
3(土)  横浜・Jazz is
4(日)  東京・BODY & SOUL
5(月)  お休み
6(火)  山形・ぎゃるり葦
7(水)  鶴岡・中央公民館/大視聴覚室
8(木)  秋田・ドリームタイム
9(金)  盛岡・SPEAK LOW
10(土) 盛岡・Bar Cafe the S
11(日) 長岡・音色(ネジキ)
12(月) 新潟・ジャズ・フラッシュ
13(火) 軽井沢・Creative Complex Studio
14(水) TRIO’はお休み/森,市原はWIMライブ 
15(木) 前橋・ピアノラウンジ・セントラルカフェ
16(金) 松戸・Cafe de KAORI
17(土) 東京・LEZARD

 ホームページでは場所,時間,チャージなどがご覧になれますが、不明な点がございましたら市原までメールにてお問い合わせください。TRIO’一同、皆様にお会いできるのを楽しみにしています。変わらぬテーマを持ちながらしかも毎回変わっていくTRIO’。音との出会いのひとときをどうぞお楽しみください。

 以上、TRIO' 3月の「春のツアー」のご紹介でしたが、14(水)にさりげなくTRIO'とは違う「WIM」のライブのご紹介が入っています。WIMとはピアノのWong Wing Tsanと森泰人、そして市原と、、三人の頭文字を取った「WIM」。三枚のアルバムを出して忽然と消えた幻のトリオ。かれこれ10年になるでしょうか。再会した私たちがどんな音を出すか、それは文字通り「見もの、聞きもの」。タイトルは「Let's Make Noise」。100名限定です。詳細はこちら

 さて、やっと2月の話ですが今月は東京音大の入試・・。作曲家になりたいドラマー・・う~ん、なかなか希少ですな。すいません。もう締め切りました。事前のご案内、来年はしないといけませんね。高校生諸君! バンド、おもしろいですよ,ホントに。還暦過ぎたおじさんがはっきり言っているのだから間違いない。尤も生涯にかかわる話ですから安易に決める話ではありませんが、もうむずむずして誰に反対されようがもう「やってしまっている」君。君はやる資格・・あります。
 おっと本題。2月のライブは少なめで英気を養い、TRIO'のツアーに突入という段取り。ざっといきますと・・4日(土)/大久保明セッション/自由が丘・マルディグラ。10日(金)/岩渕まこと35周年コンサート/仙台シルバーセンター。25日(土)は大阪クリスチャンセンターです。さらに3月に東京の全三箇所。詳細はこちら。26日(日)には岩渕まこと/ペトラストリート/大阪・上野芝キリスト教会の「コンサート礼拝」と「陽だまりコンサート」に出演です。詳細はこちら 。そして間もなくTRIO'、車の旅が始まるという仕掛けになっております。

 ということで、2月,3月とどうぞよろしくお願いします。
 
 
2012.01.30.Mon 02:16 | TRIO' | trackback(0) | comment(0)
   2012年賀3ブログ


 新年、明けましておめでとうございます・・。

 このことばがピンとこない年というのもそんなにあるものではないと思います。新しい年を迎えることが出来ておめでとう。今年もさあがんばるぞ・・と。そういう流れで言葉が出てこない。昨年は余りに打ちのめされた一年でした。そして新しい年、希望を持つことが出来るとしたら、それはただただ有り難い。
 それでも、みなさん。おめでとう。新しい年を迎えることが出来て・・。悲しみを背負っていても、傷を負っていても、そして放射能という見えない大きな不安を抱え込んでいても、新しい年を迎えることが出来て、おめでとう。

 TRIO’・・8年目に入りました。毎年二回のツアーをキープして今までやってくることが出来ました。毎回新しい出会い、それからまた次に繋がる。最初にツアーをしたころから思うとずいぶん楽にスケジュールも組めるようになりました。そして昨年秋にやったツアーではまた来春にも・・という声を頂いたところがいくつかあったこと。だいたい地方のライブは東京からグループを呼ぶのには精力がいるもの。同じ時期にふたつのグループが重なるととても背負いきれなくなる。そんな中で次も是非来て欲しいと言われるというのは少なからず励まされます。TRIO’・・今年のキャッチは、「初めて聴くのに懐かしい!」です。「懐かしい」というのはそのまま遡れば母の胎内・・。ああ、もともと自分の中にこれはあったんだと、,。「それ」を感じさせるTRIO‘でありたい。
 3月、「春のツアー」をやります。大震災一年目の3月11日を挟んだ1日から17日まで。名古屋、浜松、横浜、東京、山形、鶴岡、秋田、盛岡2ヵ所、長岡、新潟、軽井沢、前橋、松戸、東京の全15回公演。車の旅でいつも反省するのがお休みを入れないこと。今回は清水の舞台から飛び降りたつもりでお休みを入れました。でも二日入れたお休みの内、一日は福田重男はヤマハの先生。そして森泰人と市原は東京でライブをやります。WIM・・何年ぶりでしょうか。ビアノのWong Wing Tsanのトリオです。正確には分かりませんが10年ぶりだと思います。伊達に歳をとっていない三人がぶつかり合います。・・ということで、三月のことはまたご案内するとして、1月のライブ・・。何となくあります。

 7日(土)、横浜Jazz Is・・大久保明ユニット、,なぜかスタジオ系のミュージシャンが顔を出す。15日(日)、沼袋オルガンジャズ倶楽部・・塚山エリコorg.。ニューヨークからベーシストを迎えて二回目なのです。前回ユーストリームで中継していたらしいですが、今回はあるのかな・・。17日(火)、銀座スウィングシティー・・西村協vo.。あのスウィング系列の店が1月一杯と言うことで、私としては最後の演奏になります。31日(火)、前田憲男/ウインドブレーカーズ・・銀座スウィング。スウィング系列最後の砦。私たちも応援せねば。

 ということで、今年もどうぞよろしく。皆様のお越しをお待ちしております。
 詳細はホームページ、「ライブ」の2012年 1月をご覧ください。

2012.01.02.Mon 03:35 | 音楽 | trackback(0) | comment(1)






PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2012.01 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
G-Cafe 聖書のことば  #696 【いのちの木が大事】 創世記36(07/05)
G-Cafe 聖書のことば  #695【サタン・悪魔】 創世記35(07/04)
G-Cafe 聖書のことば  #694【恥ずかしいと思う心】 創世記34(07/01)
G-Cafe 聖書のことば  #693【行動の規範の創造者】 創世記33(06/30)
G-Cafe 聖書のことば  #692 【人の関係の最初の単位】 創世記32(06/29)
G-Cafe 聖書のことば  #691【ことばは神からのもの】 創世記31(06/28)
G-Cafe 聖書のことば  #690【ふさわしい助け手】 創世記30(06/28)
GraceCafeたいむ #110 【たましいの安らぎの場所】(06/25)
G-Cafe 聖書のことば  #689 【禁断の実】 創世記29(06/24)
G-Cafe 聖書のことば  #688 【必ず死ぬとは】 創世記28(06/23)
G-Cafe 聖書のことば  #687【与えられた尊厳】 創世記27(06/22)
G-Cafe 聖書のことば  #686 【神とともにある歩み】 創世記26(06/21)
G-Cafe 聖書のことば  #685 【私たちの目の前にある二本の木】 創世記25(06/20)
GraceCafeたいむ #109 【背く者の上にある神の愛】(06/18)
G-Cafe 聖書のことば  #684 【エデンの園の完成】 創世記24(06/17)
G-Cafe 聖書のことば  #683 【エルサレム中心の神の計画】 創世記23(06/16)
G-Cafe 聖書のことば  #682 【神によるいのち】 創世記22(06/15)
G-Cafe 聖書のことば  #681 【神と人の歴史の幕開け】 創世記21(06/14)
G-Cafe 聖書のことば  #680 【人とふれ合う神】 創世記20(06/13)
GraceCafeたいむ #108 【光の中を歩む】(06/11)
G-Cafe 聖書のことば  #679 【聖なる日】 創世記19(06/10)
G-Cafe 聖書のことば  #678 【神の計画の始まり】 創世記18(06/09)
G-Cafe 聖書のことば  #677 【本来の祝福を受け取る】 創世記17(06/08)
G-Cafe 聖書のことば  #676 【差別はない】 創世記16(06/07)
G-Cafe 聖書のことば  #675 【神の似姿】 創世記15(06/06)
GraceCafeたいむ #107 【平安の条件】(06/04)
G-Cafe 聖書のことば  #674 【御子キリスト】 創世記14(06/03)
G-Cafe 聖書のことば  #673 【キリストの登場】 創世記13(06/02)
G-Cafe 聖書のことば  #672 【人が生きるための世の創造】 創世記12(06/01)
G-Cafe 聖書のことば  #671 【美の極み】 創世記11(05/31)
G-Cafe 聖書のことば  #670 【大きいものと小さいもの】 創世記10(05/30)
GraceCafeたいむ #106  【私たちの国籍は天にあります】(05/28)
G-Cafe 聖書のことば  #669 【概念も被造物】 創世記9(05/27)
G-Cafe 聖書のことば  #668 【そもそもの原因】 創世記8(05/26)
G-Cafe 聖書のことば #667 【自然界は神のみわざのしるし】 創世記7(05/25)
G-Cafe 聖書のことば  #666 【想像の域を超えた方】 創世記6(05/24)
G-Cafe 聖書のことば  #665 【光と時間の創造】 創世記5(05/23)
GraceCafeたいむ #105 【主に従おうと思うなら】(05/21)
G-Cafe 聖書のことば  #664 【神の霊】 創世記4(05/20)
G-Cafe 聖書のことば  #663 【おそれるべき方】 創世記3(05/19)
G-Cafe 聖書のことば  #662 【神がおられる】 創世記2(05/18)
G-Cafe 聖書のことば  #661 【「はじめ」がある】 創世記1(05/17)
G-Cafe 聖書のことば  #660 【聖霊行伝】 聖霊の働き279(05/16)
GraceCafeたいむ #104 【弱さの上にある恵み】(05/14)
G-Cafe 聖書のことば  #659   【神のご計画は記されていた】 聖霊の働き278(05/13)
G-Cafe 聖書のことば  #658 【目が開かれる恵み】 聖霊の働き277(05/12)
G-Cafe 聖書のことば  #657 【すべての民の望み】 聖霊の働き276(05/11)
G-Cafe 聖書のことば  #656 【すべてを備えられる神】 聖霊の働き275(05/10)
G-Cafe 聖書のことば  #655 【聖霊の働き】 聖霊の働き274(05/09)
GraceCafeたいむ #103 【生きる目的が変わる】(05/07)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2022年07月(3)
2022年06月(26)
2022年05月(26)
2022年04月(25)
2022年03月(28)
2022年02月(24)
2022年01月(27)
2021年12月(27)
2021年11月(26)
2021年10月(27)
2021年09月(26)
2021年08月(26)
2021年07月(27)
2021年06月(26)
2021年05月(26)
2021年04月(28)
2021年03月(26)
2021年02月(24)
2021年01月(25)
2020年12月(27)
2020年11月(24)
2020年10月(27)
2020年09月(26)
2020年08月(26)
2020年07月(27)
2020年06月(26)
2020年05月(27)
2020年04月(27)
2020年03月(28)
2020年02月(26)
2020年01月(25)
2019年12月(30)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS