fc2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています
   140401-2.jpg


 TRIO’、10周年記念ライブツアー、無事全行程を終了いたしました。あの頃、新潟〜柏崎はチョー寒でしたが、今はもう桜。なんだか冬を一気に駆け抜けた感があります。やってみて気がついたその過酷なスケジュール。しかし不思議と最後まで熱いライブで終えることが出来ました。ご来場くださった皆さまと共に作り上げたライブ、ひとつひとつが宝石のように輝く時間となりました。1年ぶりのライブ・・大成功でした。ありがとうありがとう。皆さんに感謝感謝。また、こんな経験は初めてですが、4日連続で誕生日を祝っていただいて・・全く幸せ者です。ピアノの福田がつぶやいておりましたが、春は市原、秋は森の誕生日で、オレの誕生日の時にはちっともやらない・・と。今度は5月にもやりましょうね。しかしこの連続誕生祝いの仕掛け人はどうも福田のようで、良い仲間を持ったものです。まずはご来場くださった皆さま、応援してくださった皆さまに御礼申し上げます。ありがとうございました。
 このツアーの後半の二日間、TRIO’の6枚目のアルバムのレコーディングを行いました。6枚目のアルバムは何とすべて賛美歌・・というもの。でもきれいに仕上げているわけではありませんので悪しからず。ただ今音作りに奮闘中。楽しみにしていてください。

    140401-3.jpg

 写真は3/21日 Body & Soul TRIO’ライブ・・満員御礼、ありがとうございました。

 さて4月は直前になりましたが、わずかなライブ。お見逃しなく。
 4月2日(水)、自由が丘マルディグラ・大久保明セッション・サックスの小池修が再び参加できるようになりました。最近はミュージシャンのたまり場と化しております。4月8日(火)は1000曲目標の新しい賛美歌を歌う集まり「歌声ペトラ」。何と200曲記念です。発足当初のメンバーであった元スクエアのベーシスト、中村裕二さん=現在はハワイの牧師、が参加してくれます。OCC/お茶の水クリスチャンセンターの8階のホール・・広いのでそれに見合った多くの方のご来場・・お待ちしております。18日(金)はお馴染み菊川「な〜じゅ」の金城寛文5/半分早大ダンモ研の匂いを残しているバンドです。おじさんバンド、まだまだすたれません。前回は雪で中止になりましたので、今回は是非・・。26日(土)は久々の親娘ライブ・・ナント、豊橋でやります。メンバーもおもしろい、先日TRIO’でお世話になった「突撃おたま苦楽部」の主催で、ここの中心人物のお医者様、山本先生がこういうメンバーで・・どんな化学反応が起こるか・・やってみたいということで集められたメンバー。普通だったらあまり考えられないメンバーです。tp,市原ひかり、gt,伊丹雅博、pf,奥山勝、b,俵山昌之。私もどんな化学反応になるか・・全く未知数でございます。共に化学反応・・見てみましょう。そして5月に入ってすぐには2〜3日と岩渕まことのAcoustic Bonbon/大阪、名古屋のツアーがあります。こちらは追ってご案内いたします。

 今年に入って、イスラエル旅行、TRIO’ツアー、TRIO'6のレコーディングとちょっと自分の力を超えたところで支えられてきたこの3ヶ月。4月もそのままのモードで皆さまにお目に掛かりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 詳細はホームページ http://i-produce.net のライブ 2.3月をご覧ください。
 
 
 
2014.03.29.Sat 23:57 | 音楽 | trackback(0) | comment(2)
 いよいよ始まります。TRIO' (トリオッ) 10周年記念ライブツアー。行程は以下の通りです。
 今回は西日本中心のスケジュールです。次回は東北へと考えております。
 昨年一年間お休みをいただき、さてどうなりますか。一同楽しみにしておます。しばらく時間が経ったので新しいアルバムをお持ちしたいところですが、今回は間に合わず。このツアーの最中になりますが、6枚目のアルバムのレコーディングをいたします。秋には発表できると思いますので、こちらもどうぞお楽しみに。

 10周年、あっという間・・のような気もします。今回のスケジュールは初めてのところは一箇所。ほとんどがもう一度お会いできる方々の顔を思い浮かべて出かけていくところです。本当に無力で手探りで始めたTRIO’。市原はもともとドラマーがリーダーをやっても余りおもしろくないと思っていました。それが気がついたら10年。余り営業に走ることもなく、リーダーシップを強く持つこともなく、どちらかと言うと、メンバーの二人に支えられてやってきた10年のように思います。TRIO’の特長は、ジャズの世界から見ると微妙に違う領域の三人が集まって、その上でできあがっているという点だと思います。そのことをあるサックスプレーヤーは一度聴いただけで感じ取ってくれ、そこがとてもおもしろいと言っていました。スタイルでまとまるのではなく、違うものが受け入れあって出来上がるところに面白さがあるというのは、私にとっても願ったりの結果です。違う感性を持つ人間がひとつの統率力によってまとまるのではなく、包容力によってまとまるとしたら、そこには平和があるのだと思います。包容力などと言いましたが、もともとそんなものは私たちの内には「ある程度」しかないもので、どちらかと言うと「包容力がない」部分の方が物事が形造られる上で大きく影響するものです。その点、性格はかなり違う三人が、こうして続けてこられ、ひとつの形を作り上げてきているのだと思えばそれはかなりうれしいこと(笑)ですね。今回のチラシに森泰人は書いていました。旅の間、ずっと一台の車の狭い空間の中で半分くらいの時間を過ごせば、野良猫でも喧嘩になりそうなものだが、そういう気配も全くない・・。これは私としては、こういう出会いを与えて下さった神に感謝・・、それ以外に表現の仕様がないです。

 皆さまとの出会い、再会を楽しみに出かけます。


 3/3(月) 横浜・ドルフィー
 4(火) 高崎・ケイノート
 5(水) 新潟・ジャズフラッシュ
 6(木) 柏崎・うたげ堂
 7(金) 大阪・RUGTIME大阪
 8(土) 呉・ガレンホール
 9(日) 松江・Restaurant Nature (ナチュール)
 10(月) 広島・カワイミュージックショップ広島
 11(火) 鳥取・After Hours
 12(水) 名古屋・ミスター・ケニーズ
 13(木) 浜松・田町サロン
 14(金) 安城・花むすび
 15(土) 高槻・スタジオ73
 16(日) 豊橋・NaZoo
 18.19(火,水)・TRIO’ 6枚目のアルバムのレコーディングをいたします
 20(木) 松戸・アリエッタホール
 21(金) 東京・Body & Soul
    開成ライブを兼ねています。開成関係の方は 070-5551-0081 平山まで
    (以前にご案内している電話番号が間違っていました。ご注意を。)
 22(土) 東京・LEZARD

  一年ぶりのTRIO’、、そして10年目のTRIO’。ご堪能ください。
 詳細はホームページ http://i-produce.net のライブ 2.3月をご覧ください。
2014.03.01.Sat 14:21 | 未分類 | trackback(0) | comment(1)
詳細はこちら http://i-produce.net をごらんください。
またfacebookをご覧になれる方はこちら
https://www.facebook.com/yasushi.ichihara.7
一同、皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。

ご予約に関して、市原に直接ご連絡いただいてもかまいません。ichihara-dr@i.softbank.jp

では、3月3日から、行って参りますっ。

 
2014.03.01.Sat 12:20 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)






PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2014.03 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ENTRIES
G-Cafe 聖書のことば  #696 【いのちの木が大事】 創世記36(07/05)
G-Cafe 聖書のことば  #695【サタン・悪魔】 創世記35(07/04)
G-Cafe 聖書のことば  #694【恥ずかしいと思う心】 創世記34(07/01)
G-Cafe 聖書のことば  #693【行動の規範の創造者】 創世記33(06/30)
G-Cafe 聖書のことば  #692 【人の関係の最初の単位】 創世記32(06/29)
G-Cafe 聖書のことば  #691【ことばは神からのもの】 創世記31(06/28)
G-Cafe 聖書のことば  #690【ふさわしい助け手】 創世記30(06/28)
GraceCafeたいむ #110 【たましいの安らぎの場所】(06/25)
G-Cafe 聖書のことば  #689 【禁断の実】 創世記29(06/24)
G-Cafe 聖書のことば  #688 【必ず死ぬとは】 創世記28(06/23)
G-Cafe 聖書のことば  #687【与えられた尊厳】 創世記27(06/22)
G-Cafe 聖書のことば  #686 【神とともにある歩み】 創世記26(06/21)
G-Cafe 聖書のことば  #685 【私たちの目の前にある二本の木】 創世記25(06/20)
GraceCafeたいむ #109 【背く者の上にある神の愛】(06/18)
G-Cafe 聖書のことば  #684 【エデンの園の完成】 創世記24(06/17)
G-Cafe 聖書のことば  #683 【エルサレム中心の神の計画】 創世記23(06/16)
G-Cafe 聖書のことば  #682 【神によるいのち】 創世記22(06/15)
G-Cafe 聖書のことば  #681 【神と人の歴史の幕開け】 創世記21(06/14)
G-Cafe 聖書のことば  #680 【人とふれ合う神】 創世記20(06/13)
GraceCafeたいむ #108 【光の中を歩む】(06/11)
G-Cafe 聖書のことば  #679 【聖なる日】 創世記19(06/10)
G-Cafe 聖書のことば  #678 【神の計画の始まり】 創世記18(06/09)
G-Cafe 聖書のことば  #677 【本来の祝福を受け取る】 創世記17(06/08)
G-Cafe 聖書のことば  #676 【差別はない】 創世記16(06/07)
G-Cafe 聖書のことば  #675 【神の似姿】 創世記15(06/06)
GraceCafeたいむ #107 【平安の条件】(06/04)
G-Cafe 聖書のことば  #674 【御子キリスト】 創世記14(06/03)
G-Cafe 聖書のことば  #673 【キリストの登場】 創世記13(06/02)
G-Cafe 聖書のことば  #672 【人が生きるための世の創造】 創世記12(06/01)
G-Cafe 聖書のことば  #671 【美の極み】 創世記11(05/31)
G-Cafe 聖書のことば  #670 【大きいものと小さいもの】 創世記10(05/30)
GraceCafeたいむ #106  【私たちの国籍は天にあります】(05/28)
G-Cafe 聖書のことば  #669 【概念も被造物】 創世記9(05/27)
G-Cafe 聖書のことば  #668 【そもそもの原因】 創世記8(05/26)
G-Cafe 聖書のことば #667 【自然界は神のみわざのしるし】 創世記7(05/25)
G-Cafe 聖書のことば  #666 【想像の域を超えた方】 創世記6(05/24)
G-Cafe 聖書のことば  #665 【光と時間の創造】 創世記5(05/23)
GraceCafeたいむ #105 【主に従おうと思うなら】(05/21)
G-Cafe 聖書のことば  #664 【神の霊】 創世記4(05/20)
G-Cafe 聖書のことば  #663 【おそれるべき方】 創世記3(05/19)
G-Cafe 聖書のことば  #662 【神がおられる】 創世記2(05/18)
G-Cafe 聖書のことば  #661 【「はじめ」がある】 創世記1(05/17)
G-Cafe 聖書のことば  #660 【聖霊行伝】 聖霊の働き279(05/16)
GraceCafeたいむ #104 【弱さの上にある恵み】(05/14)
G-Cafe 聖書のことば  #659   【神のご計画は記されていた】 聖霊の働き278(05/13)
G-Cafe 聖書のことば  #658 【目が開かれる恵み】 聖霊の働き277(05/12)
G-Cafe 聖書のことば  #657 【すべての民の望み】 聖霊の働き276(05/11)
G-Cafe 聖書のことば  #656 【すべてを備えられる神】 聖霊の働き275(05/10)
G-Cafe 聖書のことば  #655 【聖霊の働き】 聖霊の働き274(05/09)
GraceCafeたいむ #103 【生きる目的が変わる】(05/07)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2022年07月(3)
2022年06月(26)
2022年05月(26)
2022年04月(25)
2022年03月(28)
2022年02月(24)
2022年01月(27)
2021年12月(27)
2021年11月(26)
2021年10月(27)
2021年09月(26)
2021年08月(26)
2021年07月(27)
2021年06月(26)
2021年05月(26)
2021年04月(28)
2021年03月(26)
2021年02月(24)
2021年01月(25)
2020年12月(27)
2020年11月(24)
2020年10月(27)
2020年09月(26)
2020年08月(26)
2020年07月(27)
2020年06月(26)
2020年05月(27)
2020年04月(27)
2020年03月(28)
2020年02月(26)
2020年01月(25)
2019年12月(30)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS