FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内など・・・
  1510facebook.jpg

 私が敬愛する伝道者また牧師の瀧元明さんが天に召されてもう二月以上経ちました。
 その式の直後にこれを書こうと思っていて、あっという間に時間が経ってしまいました。式は愛知県の新城というところで行われました。その際に配られる式次第の裏にこんな文章がありましたので、特にキリスト教についてご存知のないかたに読んでいただきたく、そのまま書き写します。
———————————————————————
キリスト教の召天式(葬式)について
 キリスト教の召天式(葬式)になじみのない方もおられると思いますので、キリスト教の召天式についてご説明いたします。キリスト教では「個人を礼拝したり」「手を合わせて遺影を拝む」ことを固く禁じております。聖書によれば「死」というのは、肉体と霊魂が分離して「肉体はちりに帰り」、「魂は神の手に帰る」ことを意味します。
  「ちり(肉体)はもとあった地に帰り、霊はこれを下さった神に帰る」(伝道者の書12章7節)
 従って、すでに神の手の中にある魂が、礼拝や儀式などの人間の行動によって天国に行くとか、地獄に行くということはありません。また、死者の霊が神になるということもありません。キリストを信じる魂は、神のみ国に入り、永遠の祝福を受けています。私たち人間が礼拝すべきお方は、天地の創り主であり、生命の源である唯一の生ける神だけです。神は、神以外のものを拝むことを固く禁じておられます。キリスト教の召天式は、個人を拝むのではなく、「肉体を葬るための式」であり、また「故人をしのび、残された家族を慰め励ますとき」なのです。 
  『キリスト教(プロテスタント)では、人の死は忌むものではなく、人の霊が地上の肉体を離れ、天におられる神とイエス・キリストのところに召されることであり、イエス・キリストの再臨において復活するための準備に過ぎない。このことからプロテスタント諸教派では信徒の死を『召天』呼ぶ(「昇天」ではない)。従って、死とは、天国において個人と再会できるまでの一時の別れであり、地上に残された遺族などの生存者にとっては、その別れがさびしく慰められるべきことであるが、死そのものは、悲しまなくても良いと説明される。』ウィキペディア参照
 
 
2015.10.21.Wed 00:22 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)






PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2015.10 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ENTRIES
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2017.7-8月号(06/24)
キリスト教談義 その11 【聖書の目的】(05/11)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2017.5-6月号(04/29)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その10 【 聖書を読むと何が分かるのか・・】(04/24)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 3-4月号(02/24)
ドラマー市原康のキリスト教談義その9 【クリスチャンとはどういう風な仕組みの人間か】(01/20)
ドラマー市原康から、あけましておめでとうございます。(01/02)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その8「クリスマス・・それは」(12/30)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2017年 1-2月号(12/13)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その7 【 助けを求める心 】(11/12)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 12月号(11/12)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 10-11月号(09/24)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その6 【イエスのことばがまったく理解できなかった人々】(09/08)
TRIO' 秋のツアー いよいよ始まります。(09/06)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 8-9月号(08/06)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その5「悪質メール撃退グッズ」(07/25)
TRIO'、9月のツアーのご案内です(07/07)
ドラマー市原康インフォメーション 7-8月号(07/01)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その4【信じることでしか出会えない神】(06/28)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その3「罪人だと言われるとどうも・・」(05/31)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
TRACKBACKS
LINKS