FC2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています

G-Cafe 聖書のことば #78

【恵みによる】エペソ2:1-9より

"しかし、あわれみ豊かな神は、私たちを愛してくださったその大きな愛のゆえに、
 背きの中に死んでいた私たちを、キリストとともに生かしてくださいました。
 あなたがたが救われたのは恵みによるのです。"
 エペソ人への手紙 2章4~5節

 3節には、すべての人は「生まれながら御怒りを受けるべき子ら」であるとあり、それは神の御怒りだと書きました。

 え? 神は愛なんでしょ? 自分たちの上に神の怒りがとどまっているというわけ? そんな神、俺は信じないよという話。時々聞きます。

 そのことは、これまでにず〜っと言ってきたことですが、それは順番が違うんです。

 すべての人は、神にとっては、怒りの対象でしかないような者なんです。そんな私たちをそこから救い出すために、神ご自身の側から、その道を開いてくださったんです。
 それは、怒りの対象である私たちを、神は断腸の思いで愛してくださっていることのゆえ、なんですね。
 放蕩息子の話が一番わかりやすいように思います。私たちはもともと「その家の子」だったんですね。

 神の怒りは、帰ってくるべき子に対する怒りなんです。
 その子のいのちの救いのために、ご自身のいのちをささげてくださったんですから、これ以上の愛はないわけです。
 ですから、その息子が一旦家に帰ると決めたら、父は帰ってくる子を走って行って抱きしめ、無条件で受け入れてくださるんです。

 私たちは神の怒りの対象であると同時に、愛の対象なんですね。

 その神を、この エペソ2:4 では「あわれみ豊かな神」と表現しているわけです。
 そして、その神が何をしてくださったのかというと、「背きの中に死んでいた私たちを、キリストとともに生かしてくださった」のだと言っています。

 そうです。「キリストとともに」という方法で生かしてくださったというのです。
 私たちは、キリストを救い主として自分の内に迎えることで、新しい者に変えられるのです。

 このあまりにも私たちに良すぎる計らい。それが「恵み」という短い言葉で言い表わされています。


 しかし神は、そのために筋を通さなければなりませんでした。
 赦されるはずのない者の罪をうやむやにすることは、神にはあり得ないことなんですね。
 そこで神は、人々の目の前に「これを見よ」と言って、私たちの身代わりとして十字架にかけられた御子イエス・キリストを掲げて見せたのです。
 これがわたしの赦しのしるしなのだと、人々に、そしてそれが全世界に提示されたのです。

 キリストは、あなたの罪を負って死なれ、そして三日ののちによみがえられました。
 そのイエス・キリストご自身が、信じるあなたの内に救いとして、古い自分の死と、新しいいのちとなって生きてくださるのです。

 そうです。死といのちをいただくのです。いのちだけいただくわけにはいかないんですね。まず「死」をいただいて初めて、いのちをいただくにふさわしい者となるのです。
 実際には両方同時に・・ですが。

 ここでもう一度、今日のみことばを味わってみましょう。

"しかし、あわれみ豊かな神は、私たちを愛してくださったその大きな愛のゆえに、
 背きの中に死んでいた私たちを、キリストとともに生かしてくださいました。
 あなたがたが救われたのは恵みによるのです。"


 次回は、「天上にすわる」です。


 主が聖霊を豊かに注いで、あなたを祝福してくださいますように!

 God Bless You !
 
 
2020.03.05.Thu 09:39 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)






PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2020.03 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
G-Cafe 聖書のことば #394【取り返しのつかない罪】聖霊の働き13(05/07)
G-Cafe 聖書のことば #393【すべてがつながっている聖書】聖霊の働き12(05/06)
G-Cafe 聖書のことば #392【ダビデは既に「主」と呼んでいた】聖霊の働き11(05/05)
G-Cafe 聖書のことば #391【最後のチャンス】聖霊の働き10(05/04)
G-Cafe 聖書のことば #390【終わりの日】聖霊の働き9(05/03)
GraceCafeたいむ #50 【いのちを選びなさい】(05/01)
G-Cafe 聖書のことば #389【聖書の役割】聖霊の働き8(04/30)
G-Cafe 聖書のことば #388【聖霊の働き】聖霊の働き7(04/29)
G-Cafe 聖書のことば #387【あなたの上にある神の計画】聖霊の働き6(04/28)
G-Cafe 聖書のことば #386【圧倒的な礼拝】聖霊の働き5(04/27)
G-Cafe 聖書のことば #385【再び来られる保証】聖霊の働き4(04/26)
 GraceCafeたいむ #49 【招かれている人】(04/24)
G-Cafe 聖書のことば #384【目を開かせて下さるお方】聖霊の働き3(04/23)
G-Cafe 聖書のことば #383【伝道する力】聖霊の働き2(04/22)
G-Cafe 聖書のことば #382【たったひとりの人のために】聖霊の働き1(04/21)
G-Cafe 聖書のことば #381【礼拝すべきお方】よみがえられた主 13(04/20)
G-Cafe 聖書のことば #380【約束を見せて下さった主】よみがえられた主 12(04/19)
 GraceCafeたいむ #48 真の楽しさ (04/17)
G-Cafe 聖書のことば #379【聖霊を求めなさい】よみがえられた主 11(04/16)
G-Cafe 聖書のことば #378【聖書を読むには】よみがえられた主 10(04/15)
G-Cafe 聖書のことば #377【成就しなければならない】よみがえられた主 9(04/14)
G-Cafe 聖書のことば #376【よみがえりのからだ】よみがえられた主 8(04/13)
G-Cafe 聖書のことば #375【裂いて渡されたパン】よみがえられた主 7(04/12)
GraceCafeたいむ #47 【キリストの復活がどうして望みにつながるのか? 】(04/09)
G-Cafe 聖書のことば #374【聖書に書かれていること】よみがえられた主 6(04/09)
G-Cafe 聖書のことば #373【見える時】よみがえられた主 5(04/08)
G-Cafe 聖書のことば #372【近づいてこられるお方】よみがえられた主 4(04/07)
G-Cafe 聖書のことば #371【光の予感】よみがえられた主 3(04/07)
G-Cafe 聖書のことば #370【見る方向が違っていた】よみがえられた主 2(04/05)
G-Cafe 聖書のことば #369【いよいよ本番】よみがえられた主 1(04/04)
GraceCafeたいむ #46 「死からのよみがえり」(04/03)
G-Cafe 聖書のことば #368【安泰の確保のために】十字架への道49(04/03)
G-Cafe 聖書のことば #367【新しい時代の幕開け】十字架への道48(04/02)
G-Cafe 聖書のことば #366【父から見捨てられる】十字架への道47(04/01)
G-Cafe 聖書のことば #365【人々の思い違い】十字架への道46(03/31)
G-Cafe 聖書のことば #364【神のご計画】十字架への道45(03/30)
G-Cafe 聖書のことば #363【苦しみを受けるために】十字架への道44(03/29)
GraceCafeたいむ #45 「なんで十字架?」(03/26)
G-Cafe 聖書のことば #362【罪の性質】十字架への道43(03/26)
G-Cafe 聖書のことば #361【人の側に託されたこと】十字架への道42(03/25)
G-Cafe 聖書のことば #359【神の子キリスト】十字架への道40(03/23)
G-Cafe 聖書のことば #358【保身からの解放】十字架への道39(03/22)
GraceCafeたいむ #44 【すべてが新しくなる】(03/20)
G-Cafe 聖書のことば #357【もっともっと真摯に】十字架への道38(03/19)
G-Cafe 聖書のことば #356【滅びか救いか】十字架への道37(03/18)
G-Cafe 聖書のことば #355【死を選ばずにイエス様のところに】十字架への道36(03/17)
G-Cafe 聖書のことば #354【脱出する道】十字架への道35(03/16)
G-Cafe 聖書のことば #353【至れり尽くせり】十字架への道34(03/15)
GraceCafeたいむ #43 「今」を生きる(03/12)
G-Cafe 聖書のことば #352【救いの入り口とは】十字架への道33(03/12)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2021年05月(6)
2021年04月(28)
2021年03月(26)
2021年02月(24)
2021年01月(25)
2020年12月(27)
2020年11月(24)
2020年10月(27)
2020年09月(26)
2020年08月(26)
2020年07月(27)
2020年06月(26)
2020年05月(27)
2020年04月(27)
2020年03月(28)
2020年02月(26)
2020年01月(25)
2019年12月(30)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS