fc2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています

G-Cafe 聖書のことば #103

【死ぬなら】ヨハネの福音書その18

" すると、イエスは彼らに答えられた。
「人の子が栄光を受ける時が来ました。
 まことに、まことに、あなたがたに言います。
 一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。
 しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。"
 ヨハネの福音書 12章23~24節

 イエス様がろばに乗って入城されたあと、祭りのために上ってきたギリシア人が、弟子のピリポを見つけ、イエス様に会いたいと願います。イエス様が彼らと会ったかどうかは書かれていないのですが、イエス様はそのことを聞いたときに、今がその時だとばかりにこの話しを始められました。

「人の子が栄光を受ける時が来ました」

 いよいよ人の子=キリストとして来られたイエス様が、その最大の目的を果たすことで、栄光を受ける時が来たと、ご自身の口で言われたわけです。
 ギリシア人がイエス様を訪ねて来た時にこの話を始められたということは、これからなさろうとしている救いのみわざが、全世界の異邦人にも与えられることを示しているように思います。

 イエス様は「まことに、まことに、〜」と言って、話を始められます。
 これは、これから話すことは、本当に大切なことですからね、という意味です。
 それは「一粒の麦」の話でした。

「一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。
 しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。」

 一粒の麦は、それが地に落ちて土の養分を吸収するということがなければ、芽さえ出すことはできません。
 そのことをイエス様は「死ぬ」という言葉で表現されました。

 言うまでもなく、麦の一粒は、「死のう」と思って地に落ちるわけではないわけです。ただ創造者なる神が作られたその摂理に身をゆだねることによって、実はポトリと地に落ち、そうすればそこには土があって、水気があって、養分を受け取り、芽を出すことができるわけです。

 死ぬ・・。それは、父なる神が与えられたことに、自分の身をゆだねるときに、一粒だけの存在だったものが、次の世代の豊かな実を実らせることになるということを表しているんですね。
 一粒の麦は、自分が付いていた穂に、いつまでもしがみついていてはいけないのです。
 しがみつくとは、自分の意思を表わしていて、それは、神を認めず、自らの考えや力で歩もうとする・・そういう意思です。それでは神が与えられた、大きな恵みと赦しと愛を受け取ることは、出来ないんですね。

 そして、イエス様が「死ぬ」と言われたのは、他でもない、ご自身のことでもあったわけです。
 十字架は激しい苦しみを伴うものであることは分かっています。「人の子」イエス様は、それが父が与えられたご自分の役割であることをご存知だったわけです。しかしそれはとても恐ろしいことでした。
イエス様が言われた「死ぬ」という言葉の意味は、その父のみこころに身を委ねるということと同時に、実際に激しい苦しみを伴う死でもあったわけです。

「しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。」
 と、イエス様は言われたのです。

 この話はさらに続きます。


 主が聖霊を豊かに注いで、あなたを祝福してくださいますように!

 God Bless You !
 
 
2020.04.02.Thu 13:44 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)






PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2020.04 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ENTRIES
G-Cafe 聖書のことば #1117【全焼のささげ物】 レビ記 1(02/27)
G-Cafe 聖書のことば #1116 【動き始めるとき】 出エジプト記 177(02/26)
GraceCafeたいむ #192【まったく異なる目的】(02/24)
G-Cafe 聖書のことば #1115【準備が整ったら】 出エジプト記 176(02/23)
G-Cafe 聖書のことば #1114 【宮を建て上げるとき】 出エジプト記 175(02/22)
G-Cafe 聖書のことば #1113 【主の祝福】 出エジプト記 174(02/21)
G-Cafe 聖書のことば #1112【教える賜物】 出エジプト記 173(02/20)
G-Cafe 聖書のことば #1111【心を尽くして・・】 出エジプト記 172(02/19)
GraceCafeたいむ #191【主の手にひかれて歩む】(02/17)
G-Cafe 聖書のことば #1110【進んで献げる心】 出エジプト記 171(02/16)
G-Cafe 聖書のことば #1109【顔の輝き】 出エジプト記 170(02/15)
G-Cafe 聖書のことば #1108 【それは私たちのこと】 出エジプト記 169(02/15)
GraceCafeたいむ #191【主の手にひかれて歩む】(02/13)
G-Cafe 聖書のことば #1107 【あわれみ深い神】 出エジプト記 168(02/13)
G-Cafe 聖書のことば #1106 【すべての主権者なる主】 出エジプト記 167(02/09)
G-Cafe 聖書のことば #1105【主の臨在】 出エジプト記 166(02/08)
G-Cafe 聖書のことば #1104 【一大決心】 出エジプト記 165(02/07)
G-Cafe 聖書のことば #1103 【飾り物を外せ】 出エジプト記 164(02/06)
G-Cafe 聖書のことば #1102 【全てを失う】 出エジプト記 163(02/06)
GraceCafeたいむ #189【あふれる喜び】(02/03)
G-Cafe 聖書のことば #1102 【全てを失う】 出エジプト記 163(02/02)
G-Cafe 聖書のことば #1101 【いのちのパスポート】 出エジプト記 162(02/01)
G-Cafe 聖書のことば #1100【永遠のいのちに関わる問題】 出エジプト記 161(01/31)
G-Cafe 聖書のことば #1099 【最強軍団の一兵卒】 出エジプト記 160(01/30)
G-Cafe 聖書のことば #1098 【悔い改めの達人になれ】 出エジプト記 159(01/26)
G-Cafe 聖書のことば #1097 【神の愛に目を留めよ】 出エジプト記 158(01/25)
G-Cafe 聖書のことば #1096 【一番大切なこと】 出エジプト記 157(01/24)
G-Cafe 聖書のことば #1095 【神の約束を盾に取る】 出エジプト記 156(01/23)
G-Cafe 聖書のことば #1094 【神に聞く2】 出エジプト記 155(01/19)
G-Cafe 聖書のことば #1093 【神に聞く】 出エジプト記 154(01/18)
G-Cafe 聖書のことば #1092 【聞いていても信じない】 出エジプト記 153(01/17)
G-Cafe 聖書のことば #1091 【新しい出発】 出エジプト記 152(01/16)
G-Cafe 聖書のことば #1090【安息日】 出エジプト記 151(01/12)
G-Cafe 聖書のことば #1089 【神に選ばれたデザイナー】 出エジプト記 150(01/11)
G-Cafe 聖書のことば #1088 【神から与えたもの】 出エジプト記 149(01/10)
G-Cafe 聖書のことば #1087【神の前に出る時】 出エジプト記 148(01/09)
G-Cafe 聖書のことば #1086 【ささげ物の意味】 出エジプト記 147(01/05)
G-Cafe 聖書のことば #1085 【私たちの価値】 出エジプト記 146(01/04)
G-Cafe 聖書のことば、GraceCafeたいむ より(01/03)
「GraceCafeたいむ」からお知らせ(12/30)
G-Cafe 聖書のことば #1084【永遠のあがない】 出エジプト記 145(12/29)
G-Cafe 聖書のことば #1083 【香をたく】 出エジプト記 144(12/28)
G-Cafe 聖書のことば #1082【彼らの神となられた主】 出エジプト記 143(12/27)
G-Cafe 聖書のことば #1081【永遠の装束】 出エジプト記 142(12/26)
G-Cafe 聖書のことば #1080【主が用いられる者】 出エジプト記 141(12/25)
G-Cafe 聖書のことば #1079 【祭司の役割】 出エジプト記 140(12/25)
GraceCafeたいむ #188【恵みの時代の到来】(12/22)
G-Cafe 聖書のことば #1079 【祭司の役割】 出エジプト記 140(12/22)
G-Cafe 聖書のことば #1078【契約の箱】 出エジプト記 139(12/21)
G-Cafe 聖書のことば #1077【すべては神から発し】 出エジプト記 138(12/20)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2024年02月(22)
2024年01月(17)
2023年12月(27)
2023年11月(29)
2023年10月(29)
2023年09月(29)
2023年08月(27)
2023年07月(28)
2023年06月(29)
2023年05月(24)
2023年04月(23)
2023年03月(23)
2023年02月(19)
2023年01月(22)
2022年12月(28)
2022年11月(27)
2022年10月(26)
2022年09月(24)
2022年08月(27)
2022年07月(24)
2022年06月(26)
2022年05月(26)
2022年04月(25)
2022年03月(28)
2022年02月(24)
2022年01月(27)
2021年12月(27)
2021年11月(26)
2021年10月(27)
2021年09月(26)
2021年08月(26)
2021年07月(27)
2021年06月(26)
2021年05月(26)
2021年04月(28)
2021年03月(26)
2021年02月(24)
2021年01月(25)
2020年12月(27)
2020年11月(24)
2020年10月(27)
2020年09月(26)
2020年08月(26)
2020年07月(27)
2020年06月(26)
2020年05月(27)
2020年04月(27)
2020年03月(28)
2020年02月(26)
2020年01月(25)
2019年12月(30)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS