FC2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています

G-Cafe 聖書のことば #131

【福音その16】予想していなかった道

" それは、ちょうどキリストが御父の栄光によって死者の中からよみがえられたように、私たちも、新しいいのちに歩むためです。"
  ローマ人への手紙 6章4節

 今日は、前回と同じ箇所の後半を特に見ていきたいと思います。
 
 人は、イエス・キリストを自分の内にお迎えすることによって、キリストとともに死に、キリストとともに新しく生まれ変わるということを見てきました。
 そこにあるのは、罪の赦し、罪と死とさばきからの解放、恐れからの解放、永遠のいのち、永遠の住まい、希望、喜び、そして神と人とへの愛。そして、主なる神ご自身。そう。主ご自身が共にいる人になるなんです。
 イエス・キリストを救い主として信じるということが「義」すなわち神の目から正しいことだと認められ、これらすべてのものが「恵み」として与えられるのです。
 恵みとは、およそふさわしくない者に与えられるという意味です。
 これが福音ですが、今日の箇所には、それは「新しいいのちに歩むため」なのだと書いてあるわけです。

 新しいいのちに歩むということは「ちょうどキリストが御父の栄光によって死者の中からよみがえられたよう」だと言っています。少し難しい言い回しですね。
 人の子として来られたイエス様は死なれました。その死からのよみがえりは、御父の栄光の表れだというのです。そして私たちも「それと同じように」新しいいのちに歩むのだというのです。
 死んでしまった自分を、完全に主なる神に明け渡すことによって実現する歩み・・それが神の栄光を表す「新しいいのちの歩み」だというわけです。

 私たちは神様のところに立ち返った後にも、自分の考えで歩もうとしますが、そんな私たちの上には、私たちが思ってもいなかったような神の計画があるとしたら、どうしますか ?
 私たちが自分の計画を捨てて、もっぱら神の計画のために自分を使っていただこうと、自分思いや計画を神様に明け渡すとき、そこに神の栄光を現わして歩む道があるというのです。

 私たちクリスチャンは、主の心をいただくと、今までにはなかった「良いこと」を考えるようになったりしますが、気がついたら神様を脇に置いて、自分で立てた計画の中を一生懸命に走っていたということがよくあります。
 それは言ってみれば仕方のないことです。しかし神様はそんな私たちに「静まる」ということを教えてくださっているんですね。

「部屋の奥まったところ」で主と二人きりの時間を持ちなさい・・と。

 新しいいのちに歩む・・それは、死んだ者の上にある、自分の考えで歩むのとは全く違う、別の世界への神様からのいざないなんですね。

" あなたは、祈るときには自分の奥まった部屋に入りなさい。
 そして、戸をしめて、隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい。
 そうすれば、隠れた所で見ておられるあなたの父が、あなたに報いてくださいます。"
  マタイの福音書 6章6節

 God Bless You !
 (神様の祝福がありますように!)
 
 
2020.05.04.Mon 12:43 | 未分類 | trackback(0) | comment(1)






PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2020.05 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ENTRIES
G-Cafe 聖書のことば #394【取り返しのつかない罪】聖霊の働き13(05/07)
G-Cafe 聖書のことば #393【すべてがつながっている聖書】聖霊の働き12(05/06)
G-Cafe 聖書のことば #392【ダビデは既に「主」と呼んでいた】聖霊の働き11(05/05)
G-Cafe 聖書のことば #391【最後のチャンス】聖霊の働き10(05/04)
G-Cafe 聖書のことば #390【終わりの日】聖霊の働き9(05/03)
GraceCafeたいむ #50 【いのちを選びなさい】(05/01)
G-Cafe 聖書のことば #389【聖書の役割】聖霊の働き8(04/30)
G-Cafe 聖書のことば #388【聖霊の働き】聖霊の働き7(04/29)
G-Cafe 聖書のことば #387【あなたの上にある神の計画】聖霊の働き6(04/28)
G-Cafe 聖書のことば #386【圧倒的な礼拝】聖霊の働き5(04/27)
G-Cafe 聖書のことば #385【再び来られる保証】聖霊の働き4(04/26)
 GraceCafeたいむ #49 【招かれている人】(04/24)
G-Cafe 聖書のことば #384【目を開かせて下さるお方】聖霊の働き3(04/23)
G-Cafe 聖書のことば #383【伝道する力】聖霊の働き2(04/22)
G-Cafe 聖書のことば #382【たったひとりの人のために】聖霊の働き1(04/21)
G-Cafe 聖書のことば #381【礼拝すべきお方】よみがえられた主 13(04/20)
G-Cafe 聖書のことば #380【約束を見せて下さった主】よみがえられた主 12(04/19)
 GraceCafeたいむ #48 真の楽しさ (04/17)
G-Cafe 聖書のことば #379【聖霊を求めなさい】よみがえられた主 11(04/16)
G-Cafe 聖書のことば #378【聖書を読むには】よみがえられた主 10(04/15)
G-Cafe 聖書のことば #377【成就しなければならない】よみがえられた主 9(04/14)
G-Cafe 聖書のことば #376【よみがえりのからだ】よみがえられた主 8(04/13)
G-Cafe 聖書のことば #375【裂いて渡されたパン】よみがえられた主 7(04/12)
GraceCafeたいむ #47 【キリストの復活がどうして望みにつながるのか? 】(04/09)
G-Cafe 聖書のことば #374【聖書に書かれていること】よみがえられた主 6(04/09)
G-Cafe 聖書のことば #373【見える時】よみがえられた主 5(04/08)
G-Cafe 聖書のことば #372【近づいてこられるお方】よみがえられた主 4(04/07)
G-Cafe 聖書のことば #371【光の予感】よみがえられた主 3(04/07)
G-Cafe 聖書のことば #370【見る方向が違っていた】よみがえられた主 2(04/05)
G-Cafe 聖書のことば #369【いよいよ本番】よみがえられた主 1(04/04)
GraceCafeたいむ #46 「死からのよみがえり」(04/03)
G-Cafe 聖書のことば #368【安泰の確保のために】十字架への道49(04/03)
G-Cafe 聖書のことば #367【新しい時代の幕開け】十字架への道48(04/02)
G-Cafe 聖書のことば #366【父から見捨てられる】十字架への道47(04/01)
G-Cafe 聖書のことば #365【人々の思い違い】十字架への道46(03/31)
G-Cafe 聖書のことば #364【神のご計画】十字架への道45(03/30)
G-Cafe 聖書のことば #363【苦しみを受けるために】十字架への道44(03/29)
GraceCafeたいむ #45 「なんで十字架?」(03/26)
G-Cafe 聖書のことば #362【罪の性質】十字架への道43(03/26)
G-Cafe 聖書のことば #361【人の側に託されたこと】十字架への道42(03/25)
G-Cafe 聖書のことば #359【神の子キリスト】十字架への道40(03/23)
G-Cafe 聖書のことば #358【保身からの解放】十字架への道39(03/22)
GraceCafeたいむ #44 【すべてが新しくなる】(03/20)
G-Cafe 聖書のことば #357【もっともっと真摯に】十字架への道38(03/19)
G-Cafe 聖書のことば #356【滅びか救いか】十字架への道37(03/18)
G-Cafe 聖書のことば #355【死を選ばずにイエス様のところに】十字架への道36(03/17)
G-Cafe 聖書のことば #354【脱出する道】十字架への道35(03/16)
G-Cafe 聖書のことば #353【至れり尽くせり】十字架への道34(03/15)
GraceCafeたいむ #43 「今」を生きる(03/12)
G-Cafe 聖書のことば #352【救いの入り口とは】十字架への道33(03/12)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2021年05月(6)
2021年04月(28)
2021年03月(26)
2021年02月(24)
2021年01月(25)
2020年12月(27)
2020年11月(24)
2020年10月(27)
2020年09月(26)
2020年08月(26)
2020年07月(27)
2020年06月(26)
2020年05月(27)
2020年04月(27)
2020年03月(28)
2020年02月(26)
2020年01月(25)
2019年12月(30)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS