FC2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています

  " ところで、ちょうどこの日、弟子たちのうちの二人が、エルサレムから六十スタディオン余り離れた、エマオという村に向かっていた。
 彼らは、これらの出来事すべてについて話し合っていた。
 話し合ったり論じ合ったりしているところに、イエスご自身が近づいて来て、彼らとともに歩き始められた。
 しかし、二人の目はさえぎられていて、イエスであることが分からなかった。"
 ルカの福音書 24章13~16節

 イエス様は復活されたあと、弟子たちやイエス様に付き従っていた女性たちにご自身を現されるのですが、彼らはそれがイエス様であることが分からなかったという記事がいくつもあります。

 三年半も毎日一緒にいたなら、思わぬところで出会ってもそれがイエス様だと気付かないというのは、ちょっと理解に苦しむのですが、このエマオに向かう二人の弟子もイエス様とさんざん会話をし、イエス様は彼らに聖書の解き明かしまでされているのに、それでも気付かず、無理矢理一緒の宿に泊まるように「その人」に勧め、そして食卓でイエス様がパンをとって神をほめたたえ、裂いて彼らに渡されたその時・・やっと彼らの「目が開かれイエスだと分かった」・・。そしてその途端にその姿は見えなくなったというのです。

 イエス様が復活された後は、人々は単に肉体の目で見るだけでは、それがイエス様だとはわからなかったようです。彼らは「目が開かれる」必要があったんですね。

 私たちが神に目を向けたり、主を見たり、信仰を持ったりする・・、それらのことって、すべて神からのものなんですね。
 私たちから発したことではなく、神「が」私たちの目を開かせ、話しかけられ、触れて下さるのです。
 それは神のあわれみ、神の方から与えて下さる神からのプレゼントなんです。

 イエス様はあなたが一人で歩んでいるその時、あなたに近づいてこられ、しかもともに歩き始めて下さるるお方なんですね。

 いま、これを読んでいるあなたに・・。


 God Bless You ! (神様の祝福がありますように!)

 
2021.04.07.Wed 03:52 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)

" この話はたわごとのように思えたので、使徒たちは彼女たちを信じなかった。
 しかしペテロは立ち上がり、走って墓に行った。そして、かがんでのぞき込むと、亜麻布だけが見えた。それで、この出来事に驚きながら自分のところに帰った。 "
 ルカの福音書 24章11~12節

 天使が現れて、イエス様はもう墓にはおられないという女性たちの報告を聞いて、墓に走って行ったペテロ・・。

 人々の前で主を否んでしまったペテロは、ただ建物の中に隠れているしかありませんでした。
 ペテロにとってイエス様の死は、既に取り返しの付かない、動かしがたい事実でした。
 ですから彼女たちのイエス様はよみがえられたという証言は、ペテロにとっては予想もしていなかったものでした。

 落胆し、自信を失い、希望を失い、この先についてのビジョンを失っていたペテロが、気がついたらそちらに向かって走っていたんですね。
 彼は疑いつつ歩いて行ったのではなく、何かに突き動かされるようにして走って行ったのです。
 ペテロが見たのは空の墓と、遺体を包んでいたはずの亜麻布だけでしたが、それはイエス様のよみがえりを示す驚きの光景でした。
 
 ペテロの心に再び灯がともったんですね。
 それは説明のできない漠然とした希望でしたが、その希望にはその先があることだけは分かったのではないでしょうか。

 福音・・そこには光があります。
 しかしそんなはずはないと、「たわごと」として扱う私たちのこの「常識の世界」に、実はとんでもなく大きな真理が隠されているんですね。

 私たちに語られる神からのことば、「イエス・キリストはよみがえられ、天にのぼり、今も生きておられる救い主なる神」・・この情報に心の目を向けるとき、あなたは走り出すかもしれません。

 
 God Bless You ! (神様の祝福がありますように!)
 
 
2021.04.07.Wed 03:51 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)






PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2021.04 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ENTRIES
G-Cafe 聖書のことば #384【目を開かせて下さるお方】聖霊の働き3(04/23)
G-Cafe 聖書のことば #383【伝道する力】聖霊の働き2(04/22)
G-Cafe 聖書のことば #382【たったひとりの人のために】聖霊の働き1(04/21)
G-Cafe 聖書のことば #381【礼拝すべきお方】よみがえられた主 13(04/20)
G-Cafe 聖書のことば #380【約束を見せて下さった主】よみがえられた主 12(04/19)
 GraceCafeたいむ #48 真の楽しさ (04/17)
G-Cafe 聖書のことば #379【聖霊を求めなさい】よみがえられた主 11(04/16)
G-Cafe 聖書のことば #378【聖書を読むには】よみがえられた主 10(04/15)
G-Cafe 聖書のことば #377【成就しなければならない】よみがえられた主 9(04/14)
G-Cafe 聖書のことば #376【よみがえりのからだ】よみがえられた主 8(04/13)
G-Cafe 聖書のことば #375【裂いて渡されたパン】よみがえられた主 7(04/12)
GraceCafeたいむ #47 【キリストの復活がどうして望みにつながるのか? 】(04/09)
G-Cafe 聖書のことば #374【聖書に書かれていること】よみがえられた主 6(04/09)
G-Cafe 聖書のことば #373【見える時】よみがえられた主 5(04/08)
G-Cafe 聖書のことば #372【近づいてこられるお方】よみがえられた主 4(04/07)
G-Cafe 聖書のことば #371【光の予感】よみがえられた主 3(04/07)
G-Cafe 聖書のことば #370【見る方向が違っていた】よみがえられた主 2(04/05)
G-Cafe 聖書のことば #369【いよいよ本番】よみがえられた主 1(04/04)
GraceCafeたいむ #46 「死からのよみがえり」(04/03)
G-Cafe 聖書のことば #368【安泰の確保のために】十字架への道49(04/03)
G-Cafe 聖書のことば #367【新しい時代の幕開け】十字架への道48(04/02)
G-Cafe 聖書のことば #366【父から見捨てられる】十字架への道47(04/01)
G-Cafe 聖書のことば #365【人々の思い違い】十字架への道46(03/31)
G-Cafe 聖書のことば #364【神のご計画】十字架への道45(03/30)
G-Cafe 聖書のことば #363【苦しみを受けるために】十字架への道44(03/29)
GraceCafeたいむ #45 「なんで十字架?」(03/26)
G-Cafe 聖書のことば #362【罪の性質】十字架への道43(03/26)
G-Cafe 聖書のことば #361【人の側に託されたこと】十字架への道42(03/25)
G-Cafe 聖書のことば #359【神の子キリスト】十字架への道40(03/23)
G-Cafe 聖書のことば #358【保身からの解放】十字架への道39(03/22)
GraceCafeたいむ #44 【すべてが新しくなる】(03/20)
G-Cafe 聖書のことば #357【もっともっと真摯に】十字架への道38(03/19)
G-Cafe 聖書のことば #356【滅びか救いか】十字架への道37(03/18)
G-Cafe 聖書のことば #355【死を選ばずにイエス様のところに】十字架への道36(03/17)
G-Cafe 聖書のことば #354【脱出する道】十字架への道35(03/16)
G-Cafe 聖書のことば #353【至れり尽くせり】十字架への道34(03/15)
GraceCafeたいむ #43 「今」を生きる(03/12)
G-Cafe 聖書のことば #352【救いの入り口とは】十字架への道33(03/12)
G-Cafe 聖書のことば #351【心の一歩】十字架への道32(03/11)
G-Cafe 聖書のことば #350【罪・・それは】十字架への道31(03/10)
G-Cafe 聖書のことば #349【人を二分する福音】十字架への道30(03/09)
G-Cafe 聖書のことば #348【揺るがない神の計画】十字架への道29(03/08)
GraceCafeたいむ #42 【心を預ける】 (03/05)
G-Cafe 聖書のことば #347【弱い者】十字架への道28(03/05)
G-Cafe 聖書のことば #346【預言の成就】十字架への道27(03/04)
G-Cafe 聖書のことば #345【剣はもとに収めなさい】十字架への道26(03/03)
G-Cafe 聖書のことば #344【イエスは主です】十字架への道25(03/02)
G-Cafe 聖書のことば #343【時が来ました】十字架への道24(03/01)
GraceCafeたいむ #41 【休めるところに行く方法】(02/26)
G-Cafe 聖書のことば #342【御子の目的】十字架への道23(02/26)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2021年04月(22)
2021年03月(26)
2021年02月(24)
2021年01月(25)
2020年12月(27)
2020年11月(24)
2020年10月(27)
2020年09月(26)
2020年08月(26)
2020年07月(27)
2020年06月(26)
2020年05月(27)
2020年04月(27)
2020年03月(28)
2020年02月(26)
2020年01月(25)
2019年12月(30)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS