fc2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています
 
" 女は蛇に言った。「私たちは園の木の実を食べてもよいのです。
 しかし、園の中央にある木の実については、『あなたがたは、それを食べてはならない。それに触れてもいけない。あなたがたが死ぬといけないからだ』と神は仰せられました。」"
 創世記 3章2~3節

 サタンは女に「園の木のどれからも食べてはならないと、神は本当に言われたのですか。」と問いかけました。(1節)
 女にはサタンの言うことが間違っていると思ったのでうっかり答えてしまいます。
 女はサタンに、「園の中央にある木の実は食べてはいけない。それを食べると死ぬから、それに触れてもいけないと神は言われたのです」と答えました。
 しかしこの女の認識は不正確なものでした。

 神は園の中央に二本の木、すなわち「いのちの木」と「善悪の知識の木」を置かれました。そしてその中で食べたら死ぬと言われたのは「善悪の知識の木」です。
 いのちの木からは食べても良い・・というより、このいのちの木は神とともに歩むことの象徴で、そのためには欠かせないものだったのです。

 しかし女はこの「いのちの木」についても「触れてもいけない」と思っていた節(ふし)があります。
 それは「善悪の知識の木」には近づかないと同時に、神にも近づかないようにしていたということです。

 サタンはそこにつけ込んだのです。

 サタンは人に、いのちの木よりも善悪の知識の木の方に目を向けさせ、神との関係を壊してしまうことにまんまと成功するのです。(4節〜)

 私たちは神との関係を第一とする、すなわちいのちの木にのみ目を向けていなければならないんですね。

 クリスチャンはこの世においてイエス・キリストという「いのちの木」をいただいているのです。


 ハレルヤ! (主の御名をほめたたえます)
 
 
2022.07.05.Tue 10:35 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)

" さて蛇は、神である主が造られた野の生き物のうちで、ほかのどれよりも賢かった。蛇は女に言った。「園の木のどれからも食べてはならないと、神は本当に言われたのですか。」"
 創世記 3章1節

 聖書の最後の書である黙示録にはこんなことばがあります。
 "こうして、その大きな竜、すなわち、古い蛇、悪魔とかサタンとか呼ばれる者、全世界を惑わす者が地に投げ落とされた。また、彼の使いたちも彼とともに投げ落とされた。" (ヨハネの黙示録 12:9)

 蛇とは悪魔とかサタンとか言われる霊的な存在であることがわかります。
 しかも神である主はエデンの園のときから、すでにサタンの存在を許していたということになります。
 そしてこのサタンの暗躍は世の終わりまで続くということを、この黙示録のことばは示しているわけです。

 ここではサタンのことを「全世界を惑わす者」と言っています。
 しかもこの3章1節から分かるように、サタンは「賢かった」というのですから厄介です。

 サタンである蛇は先ず「女」を狙って語りかけます。
 サタンはことばをもって攻撃してくるんですね。しかもそのことばには巧みな嘘(うそ)があるのです。

 「 〜と、本当に言われたのですか。」・・と、これが最初の惑わしのことばです。
 神はそんなことは言われていないのに、そんなことを堂々と言うのです。
 そして女は、このサタンのことばに応答してしまうんですね。
 それはサタンと関係を持つということです。

 私たちが受け取るべきことば・・、それは神の霊感を受けて書かれた聖書のことばです。
 このみことばに応答することで、私たちは神との関係を持つのです。

 私たちは、サタンのことばに答えてはいけないのです。


 ハレルヤ! (主の御名をほめたたえます) 
 
 
2022.07.04.Mon 10:46 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)

" そのとき、人とその妻はふたりとも裸であったが、恥ずかしいとは思わなかった。"
 創世記 2章25節

 エデンの園は年中裸でいても問題なく暮らせる天候だったようです。
 それはノアの洪水で天の水が全部落ちて、太陽が姿を表わし、虹が出るという天候の大異変のときまで続いたようです。
 それは、その間の人の齢が800歳とか900歳だったという記事からも窺い知ることができます。

 それはともかく、この節で注目すべき点は、「恥ずかしいとは思わなかった」というところです。
 恥ずかしいと思うのは、どういうときでしょうか。
 それは、自分があるべき姿ではない所を見られてしまったとき・・なのではないでしょうか。

 あるべき姿とは、与えられた自分に満足しないところから生まれる感覚です。
 しかしその姿が「神が自分に与えられたものだ」という認識なら、「あるべき姿」などというものもあり得ないわけです。
 ですから「あるべき姿」という認識をまったく持っていなかった最初の人とその妻は、恥ずかしいという感情も持ち合わせてはいなかったというわけです。

 これが善悪の知識の木から、その実を取って食べるよりも前の人の状態です。

 人は最初、すべてのことをそのまま喜んで受け取り、神と共に日々を送っていたんですね。

 それは神の光と喜びに満ちた日々だったに違いありません。

 しかしそこに、それを壊そうとする魔の手が忍び寄るのです。

 4章は「蛇」の登場です。


 God Bless You ! (神様の祝福がありますように!)

  
2022.07.01.Fri 09:38 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)






PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2022.07 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ENTRIES
G-Cafe 聖書のことば  #696 【いのちの木が大事】 創世記36(07/05)
G-Cafe 聖書のことば  #695【サタン・悪魔】 創世記35(07/04)
G-Cafe 聖書のことば  #694【恥ずかしいと思う心】 創世記34(07/01)
G-Cafe 聖書のことば  #693【行動の規範の創造者】 創世記33(06/30)
G-Cafe 聖書のことば  #692 【人の関係の最初の単位】 創世記32(06/29)
G-Cafe 聖書のことば  #691【ことばは神からのもの】 創世記31(06/28)
G-Cafe 聖書のことば  #690【ふさわしい助け手】 創世記30(06/28)
GraceCafeたいむ #110 【たましいの安らぎの場所】(06/25)
G-Cafe 聖書のことば  #689 【禁断の実】 創世記29(06/24)
G-Cafe 聖書のことば  #688 【必ず死ぬとは】 創世記28(06/23)
G-Cafe 聖書のことば  #687【与えられた尊厳】 創世記27(06/22)
G-Cafe 聖書のことば  #686 【神とともにある歩み】 創世記26(06/21)
G-Cafe 聖書のことば  #685 【私たちの目の前にある二本の木】 創世記25(06/20)
GraceCafeたいむ #109 【背く者の上にある神の愛】(06/18)
G-Cafe 聖書のことば  #684 【エデンの園の完成】 創世記24(06/17)
G-Cafe 聖書のことば  #683 【エルサレム中心の神の計画】 創世記23(06/16)
G-Cafe 聖書のことば  #682 【神によるいのち】 創世記22(06/15)
G-Cafe 聖書のことば  #681 【神と人の歴史の幕開け】 創世記21(06/14)
G-Cafe 聖書のことば  #680 【人とふれ合う神】 創世記20(06/13)
GraceCafeたいむ #108 【光の中を歩む】(06/11)
G-Cafe 聖書のことば  #679 【聖なる日】 創世記19(06/10)
G-Cafe 聖書のことば  #678 【神の計画の始まり】 創世記18(06/09)
G-Cafe 聖書のことば  #677 【本来の祝福を受け取る】 創世記17(06/08)
G-Cafe 聖書のことば  #676 【差別はない】 創世記16(06/07)
G-Cafe 聖書のことば  #675 【神の似姿】 創世記15(06/06)
GraceCafeたいむ #107 【平安の条件】(06/04)
G-Cafe 聖書のことば  #674 【御子キリスト】 創世記14(06/03)
G-Cafe 聖書のことば  #673 【キリストの登場】 創世記13(06/02)
G-Cafe 聖書のことば  #672 【人が生きるための世の創造】 創世記12(06/01)
G-Cafe 聖書のことば  #671 【美の極み】 創世記11(05/31)
G-Cafe 聖書のことば  #670 【大きいものと小さいもの】 創世記10(05/30)
GraceCafeたいむ #106  【私たちの国籍は天にあります】(05/28)
G-Cafe 聖書のことば  #669 【概念も被造物】 創世記9(05/27)
G-Cafe 聖書のことば  #668 【そもそもの原因】 創世記8(05/26)
G-Cafe 聖書のことば #667 【自然界は神のみわざのしるし】 創世記7(05/25)
G-Cafe 聖書のことば  #666 【想像の域を超えた方】 創世記6(05/24)
G-Cafe 聖書のことば  #665 【光と時間の創造】 創世記5(05/23)
GraceCafeたいむ #105 【主に従おうと思うなら】(05/21)
G-Cafe 聖書のことば  #664 【神の霊】 創世記4(05/20)
G-Cafe 聖書のことば  #663 【おそれるべき方】 創世記3(05/19)
G-Cafe 聖書のことば  #662 【神がおられる】 創世記2(05/18)
G-Cafe 聖書のことば  #661 【「はじめ」がある】 創世記1(05/17)
G-Cafe 聖書のことば  #660 【聖霊行伝】 聖霊の働き279(05/16)
GraceCafeたいむ #104 【弱さの上にある恵み】(05/14)
G-Cafe 聖書のことば  #659   【神のご計画は記されていた】 聖霊の働き278(05/13)
G-Cafe 聖書のことば  #658 【目が開かれる恵み】 聖霊の働き277(05/12)
G-Cafe 聖書のことば  #657 【すべての民の望み】 聖霊の働き276(05/11)
G-Cafe 聖書のことば  #656 【すべてを備えられる神】 聖霊の働き275(05/10)
G-Cafe 聖書のことば  #655 【聖霊の働き】 聖霊の働き274(05/09)
GraceCafeたいむ #103 【生きる目的が変わる】(05/07)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2022年07月(3)
2022年06月(26)
2022年05月(26)
2022年04月(25)
2022年03月(28)
2022年02月(24)
2022年01月(27)
2021年12月(27)
2021年11月(26)
2021年10月(27)
2021年09月(26)
2021年08月(26)
2021年07月(27)
2021年06月(26)
2021年05月(26)
2021年04月(28)
2021年03月(26)
2021年02月(24)
2021年01月(25)
2020年12月(27)
2020年11月(24)
2020年10月(27)
2020年09月(26)
2020年08月(26)
2020年07月(27)
2020年06月(26)
2020年05月(27)
2020年04月(27)
2020年03月(28)
2020年02月(26)
2020年01月(25)
2019年12月(30)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS