fc2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています

" 祭壇の火はそのまま燃え続けさせ、それを消してはならない。祭司は朝ごとに、その上に薪をくべ、その上に全焼のささげ物を整え、その上で交わりのいけにえの脂肪を焼いて煙にする。
 火は絶えず祭壇の上で燃え続けさせなければならない。消してはならない。"
 レビ記 6章12~13節

 次に出てくるのは、アロンとその子らがささげ物をするときのさらに細かな規定です。
 先ずは全焼のささげ物・・。そしてそのあとに穀物のささげ物、罪のきよめのささげ物、代償のささげ物、任職のためのささげ物、そして交わりのいけにえについて・・。(7章)
 そして7章の最後には、それらの肉は祭司が受けとる分となるということが記されています。

 祭司の役割、それは民と神の関係を常に正常なものとするために、民に代わってささげ物をするということでした。
 そしてそこには特筆すべきことが書いてある・・それが今日の箇所です。

 祭司は朝ごとに、薪をくべ、その上に全焼のささげ物を整え、〜 その火は絶えず燃え続けさせ、消してはならないというのです。

 要するに、民のためのささげ物をするにあたって、その火を一瞬たりとも消してはならず、その火を燃え続けさせる・・これが祭司の仕事だというのです。

 ペテロの手紙 第一2章9節には、こん
なことばがあります。
" しかし、あなたがたは選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神のものとされた民です。"

 私たちは多くの人々より先に救われ、残された人々を神のもとに導くという役割が与えらた「祭司」だというのです。
 しかし、そのような働きは私たちの努力や熱意だけでは限界があります。
 私たちがどうしてそのようなことができるのかというと、それはそこに聖霊が働かれるからです。

 私たち「王である祭司」はこの聖霊の火を消してはいけないんですね。
 しかも、一晩中、そしてそれが途絶えることがあってはならないというのです。

 私たちは、御霊によって祈り、歩み、神に仕える者とされている者なのです。

 ならば、その火を一瞬たりとも消すことのないように、私たちの目を主に向け続けようではありませんか。

 私たちの仕事は、「火を消さないこと」なのです。


 ハレルヤ!(主の御名をほめたたえます)
 
 
2024.03.05.Tue 12:07 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)
PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2024.04 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ENTRIES
GraceCafeたいむ #200【完了した】(04/20)
G-Cafe 聖書のことば #1155【忍耐の神】 民数記17(04/19)
G-Cafe 聖書のことば #1154【信仰を選び取る】 民数記16(04/19)
G-Cafe 聖書のことば #1154【信仰を選び取る】 民数記16(04/18)
G-Cafe 聖書のことば #1153【やり残していることはないか】 民数記15(04/17)
G-Cafe 聖書のことば #1152 【私たちの本番】 民数記14(04/16)
G-Cafe 聖書のことば #1151 【学ばない民】 民数記13(04/15)
GraceCafeたいむ #199【主の赦しは変わらない】(04/13)
G-Cafe 聖書のことば #1150 【「信仰」を選ぶ】 民数記12(04/12)
G-Cafe 聖書のことば #1149【一旦考える】 民数記11(04/11)
G-Cafe 聖書のことば #1148 【恵みは主から】 民数記10(04/10)
G-Cafe 聖書のことば #1147【必要なこと】 民数記9(04/09)
G-Cafe 聖書のことば #1146【信仰を守り通す】 民数記8(04/08)
GraceCafeたいむ #198【心を開く相手】(04/06)
G-Cafe 聖書のことば #1145【私たちの一致】 民数記7(04/05)
G-Cafe 聖書のことば #1144 【主の手は短い?】 民数記6(04/04)
G-Cafe 聖書のことば #1143 【主よ、信仰を与えてください】 民数記5(04/03)
G-Cafe 聖書のことば #1142 【主が見えなくなった時】 民数記4(04/02)
G-Cafe 聖書のことば #1141 【雲に従う】 民数記3(04/01)
G-Cafe 聖書のことば #1140【神のご計画】 民数記2(04/01)
GraceCafeたいむ #197【心を開いて】(03/30)
G-Cafe 聖書のことば #1139【旅への備え】 民数記1(03/29)
G-Cafe 聖書のことば #1138 【生ける主を見る】 レビ記 22(03/27)
G-Cafe 聖書のことば #1137【祝福とのろい】 レビ記 21(03/26)
G-Cafe 聖書のことば #1136【ヨベルの年】 レビ記 20(03/25)
G-Cafe 聖書のことば #1135 【目には目を】 レビ記 19(03/25)
GraceCafeたいむ #196【目的地がある】(03/23)
G-Cafe 聖書のことば #1135 【目には目を】 レビ記 19(03/22)
G-Cafe 聖書のことば #1134【主を恐れる】 レビ記 18(03/21)
G-Cafe 聖書のことば #1133 【聖めの道】 レビ記 17(03/20)
G-Cafe 聖書のことば #1132【主が聖であることを示す】 レビ記 16(03/19)
G-Cafe 聖書のことば #1131【塩気を保つ】 レビ記 15(03/18)
GraceCafeたいむ #195【キリストがすべて】(03/16)
GraceCafeたいむ #194【罪からの解放】(03/16)
G-Cafe 聖書のことば #1130 【正しい秤】 レビ記 14(03/15)
G-Cafe 聖書のことば #1129 【あわれみの神】 レビ記 13(03/14)
G-Cafe 聖書のことば #1128 【主との関係】 レビ記 12(03/13)
G-Cafe 聖書のことば #1127 【毎年の宥(なだ)め】 レビ記 11(03/12)
G-Cafe 聖書のことば #1126【聖なる主】 レビ記 10(03/11)
G-Cafe 聖書のことば #1125 【主を恐れる】 レビ記 9(03/08)
G-Cafe 聖書のことば #1124 【神はまことに神】 レビ記 8(03/07)
G-Cafe 聖書のことば #1123【主との交わり】 レビ記 7(03/06)
G-Cafe 聖書のことば #1122【火を消さない】 レビ記 6(03/05)
G-Cafe 聖書のことば #1121 【当たり前の教え】 レビ記 5(03/04)
G-Cafe 聖書のことば #1120【罪の告白】 レビ記 4(03/04)
GraceCafeたいむ #193【確信を増す】(03/02)
G-Cafe 聖書のことば #1120【罪の告白】 レビ記 4(03/01)
G-Cafe 聖書のことば #1119【罪は赦される】 レビ記 3(02/29)
G-Cafe 聖書のことば #1118 【交わりのいけにえ】 レビ記 2(02/28)
G-Cafe 聖書のことば #1117【全焼のささげ物】 レビ記 1(02/27)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2024年04月(20)
2024年03月(27)
2024年02月(24)
2024年01月(17)
2023年12月(27)
2023年11月(29)
2023年10月(29)
2023年09月(29)
2023年08月(27)
2023年07月(28)
2023年06月(29)
2023年05月(24)
2023年04月(23)
2023年03月(23)
2023年02月(19)
2023年01月(22)
2022年12月(28)
2022年11月(27)
2022年10月(26)
2022年09月(24)
2022年08月(27)
2022年07月(24)
2022年06月(26)
2022年05月(26)
2022年04月(25)
2022年03月(28)
2022年02月(24)
2022年01月(27)
2021年12月(27)
2021年11月(26)
2021年10月(27)
2021年09月(26)
2021年08月(26)
2021年07月(27)
2021年06月(26)
2021年05月(26)
2021年04月(28)
2021年03月(26)
2021年02月(24)
2021年01月(25)
2020年12月(27)
2020年11月(24)
2020年10月(27)
2020年09月(26)
2020年08月(26)
2020年07月(27)
2020年06月(26)
2020年05月(27)
2020年04月(27)
2020年03月(28)
2020年02月(26)
2020年01月(25)
2019年12月(30)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS