FC2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています
  
   1705談義2-1
 
 これを読まれる方は、キリスト教談義10「聖書を読むと何が分かるのか・・」を先ず読まれることをおすすめします。今回の「聖書の目的」は、その付記です。
 
 聖書は色々な読まれ方、取り扱い方をされてきました。道徳の書だったり、歴史の書だったり、また世界一のベストセラーということで博識、教養のために読まれたり、、。
 私は前回、聖書に馴染みのない方々のためにと、少し長い文章を書きました。この文章には、私には当たり前のことですが、読まれる皆さんには必ずしもそうではないひとつのポイントがあります。それは神を認めるという基本的な立場です。聖書の全体を見渡せばわかることですが、聖書とは天地創造の初めから終わりまでの、神の計画が記されている書物です。ですから、神を認めるというところに立たなければ、聖書のことばはほとんど意味を持たなくなってしまいます。私は、聖書の本質は「神のことば」だと言って良いと思っています。勿論聖書は人が書いたものですから、その中には人の思いで書かれている部分もありますが、全体を見れば、それは圧倒的に神のことばです。
 
 いくら熱心に聖書を読んでも、ことばがまったく頭に入ってこないということが往々にしてあります。あなたがもし、聖書のことばを神のことばとして認めていなかったら、聖書とは何の接点も持てないと思います。そのような場合におすすめしたいことがあります。それは聖書のはじめのことば、「初めに、神が天と地を創造した。」を、先ずはそのまま受け止めて読み始めるということです。神「が」、天と地を「創造した」・・と。そのとき、神の天地創造という壮大な空間と時間の流れの中で、「神の言葉」を聞くということの意味を垣間見ることができるかもしれません。
 
 聖書にはその全体を通して示しているひとつの存在があります。それはイエス・キリストです。旧約聖書の中には、やがて来たるべき王=メシヤ(救い主)に関する預言が星のように散りばめられています。そのメシヤが実はイエス・キリストだったのだというところに立った瞬間に、聖書が創世記から黙示録まで一本の太い線でつながります。聖書は「神のみ子イエス・キリスト」について書かれた書物なのです。そこを外すと不毛な論争や議論になったり、聖書が単なる道徳や歴史の本といった、多くの書籍の中の一冊にしか過ぎない、ありふれた存在になってしまいます。
 
 聖書は神の霊感を受けて書かれたものだと、聖書の中に書かれています。(新約聖書 テモテへの手紙 第二 3章15-17節 参照) それは、聖書は神が書かせたものである、という意味に他なりません。そしてその目的は何かと言えば、神が人々にご自分のみ子「イエス・キリスト」を知らしめ、そのみ子を通して人々をご自身のもとに帰らせることです。そのために聖書がこの世に置かれているのです。それが達成されれば聖書はその役割を果たしたことになります。また達成されていないのなら、その目的のために今も聖書は人の前に置かれているわけです。これが聖書の目的であり、それは即ち「神の目的」だということになります。
 
 次回の「キリスト教談義/その12」は出エジプト。映画でも海が開けるシーンでおなじみだと思います。奴隷となってしまったイスラエルの民をエジプトからの解放に導くモーセの話・・。ここに実は、世の初めから終わりまでの、神の計画の全体を凝縮したひな形があります。結局次回も「その10/聖書を読むと何がわかるのか・・」の続きとなりそうです。
  
  
<バックナンバー>
10聖書を読むと何がわかるのか 2017.4.24
9.クリスチャンはどういう風な仕組みの人間か 2017.1.20
8.クリスマス・・それは 2016.12.30
7.助けを求める心 2016.11.12
6.イエスの言葉が全く理解できなかった人々 2016.9.8
5.悪質メール撃退グッズ 2016.7.25
4.信じることでしか出会えない神 2016.6028
3.罪人だと言われるとどうも・・ 2016.5.31
2.熊本地震・・神は何をしているのか 2016.5.2
1.あんな人が、どうしてクリスチャンなの? 2016.4.2
2017.05.11.Thu 23:57 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)
PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2020.02 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ENTRIES
G-Cafe 聖書のことば #71【聞いてもわからない】(02/26)
G-Cafe 聖書のことば #70【愛する】(02/25)
G-Cafe 聖書のことば #69【天の御国】(02/24)
G-Cafe 聖書のことば #68【人を量り見る】(02/22)
G-Cafe 聖書のことば #67【成功を収めた時】(02/21)
G-Cafe 聖書のことば #66【神の武具 まとめ】(02/20)
G-Cafe 聖書のことば #65【神の武具 その7】祈り(02/19)
G-Cafe 聖書のことば #64【神の武具 その6】御霊の剣(02/18)
G-Cafe 聖書のことば #63【恵みの故の成長】(02/17)
G-Cafe 聖書のことば #62【神の武具 その5】救いのかぶと(02/15)
G-Cafe 聖書のことば #61【神の武具 その4】信仰の盾(02/14)
G-Cafe 聖書のことば #60【神の武具 その3 】平和の福音の備え(02/13)
G-Cafe 聖書のことば #59【神の武具 その2】正義の胸当て(02/12)
G-Cafe 聖書のことば #58 【神の武具 その1】真理の帯(02/11)
G-Cafe 聖書のことば #57【神の武具】(02/10)
G-Cafe 聖書のことば #56【力の条件 弱さ】(02/08)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 3-4月号(02/07)
G-Cafe 聖書のことば #55【愛する力】(02/07)
G-Cafe 聖書のことば #54【信仰と行い】(02/06)
G-Cafe 聖書のことば #53【正しいとされる人】(02/05)
G-Cafe 聖書のことば #52【祈り-6 とりなしの祈り】(02/04)
G-Cafe 聖書のことば #51【御霊によって歩む】(02/03)
G-Cafe 聖書のことば #50【祈り-5 御霊による祈り】(02/01)
G-Cafe 聖書のことば #49【祈り-4 応答の祈り】(01/31)
G-Cafe 聖書のことば #48【主の祈り その10】(01/30)
G-Cafe 聖書のことば #47【主の祈り その9】〈皆で祈る祈り〉(01/29)
G-Cafe 聖書のことば #46【主の祈り その8】(01/28)
G-Cafe 聖書のことば #45【主の祈り その7】(01/27)
G-Cafe 聖書のことば #44【主の祈り その6】(01/25)
G-Cafe 聖書のことば #43 【主の祈り その5】(01/24)
G-Cafe 聖書のことば #42【主の祈り その4】(01/23)
G-Cafe 聖書のことば #41 【主の祈り その3】(01/22)
G-Cafe 聖書のことば #40【主の祈り その2】(01/21)
G-Cafe 聖書のことば #39 【祈り-3 主の祈り】(01/20)
G-Cafe 聖書のことば #38 【祈り-2 最初の言葉と最後の言葉】(01/18)
G-Cafe 聖書のことば #37 【 祈り-1 】(01/17)
G-Cafe 聖書のことば #36 【聖書-16 通読】(01/16)
G-Cafe 聖書のことば #35【聖書のメンバー紹介2】(01/15)
G-Cafe 聖書のことば #34 【聖書-15 聖書のメンバー紹介1】(01/14)
G-Cafe 聖書のことば #33 【聖書-14 神の愛と慈しみ】(01/13)
G-Cafe 聖書のことば #32 【聖書-13 奇跡】(01/11)
G-Cafe 聖書のことば #31【聖書-12 メシヤ預言】(01/10)
G-Cafe 聖書のことば #30 【聖書11- イエスがキリスト】(01/09)
G-Cafe 聖書のことば #29【聖書-10 ユダヤ人と異邦人】(01/08)
G-Cafe 聖書のことば #28【旧約聖書に見る『救いの型』その2】(01/07)
G-Cafe 聖書のことば # 1〜12について 【クリスチャンではない方へ】(01/06)
G-Cafe 聖書のことば #27【 聖書-9 旧約聖書に見る『救いの型』その1】(01/03)
G-Cafe 聖書のことば 2020.1.2(01/02)
G-Cafe 聖書のことば #26 【聖書-8 神の計画の全貌 その3】(12/30)
G-Cafe 聖書のことば #25 【聖書-7 神の計画の全貌 その2】(12/28)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2020年02月(23)
2020年01月(25)
2019年12月(30)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS