FC2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています

  090728_dsセット2


 僕のドラムセットはある人物が手作りで作ってくれたもの。写真には「D.MARK|とある。どこかで聞いたような感じがするかも知れないが、これは世界でただ一台。制作者の名は通称「ドラさん」。この楽器はドラさんの「D.MARK|のロゴがついた唯一の楽器なのだ。僕が以前使っていたプレミアのミニサイズのセットとほぼ同じ仕様で、もうちょっと「ドラムらしい」感じを出したいと言って作っていただいた。以前のプレミアのセットはそのチープなところが気に入っていたのだが、あまりにチープで、自分でもちょっと耐えられなくなることがあり、、(笑)、、これを作っていただいたというわけ。彼との出会いはあるバンドで、彼がパーカッションをやっていたというのがきっかけで、そこで彼が作った楽器にも出会った。かなり軽くて繊細な感じ。私のこの楽器、、ヘッドの選び方やチューニングでまだまだいろいろな表情を出しそう。これからじっくり付き合っていこうというところ。
 今日の話題はこの楽器のこと・・・ではなくて、先日お邪魔した彼の父上のお宅でのこと。このドラさん、、実は我が家のオーディオも担当してくれて、アンプからスピーカーから、彼の選定、あるいは彼の作で出来上がる、、予定。このドラさん、、パーカッションやるし、本当はドラマーで、本当の本当はよくわからない会社の社長で、そしてスピーカーを作ったりするという、、こりゃ一体何者?・・。それはこの父上の正体をうかがって初めて全貌が見えてくる。お父様はアンプなどのメーカー、、私たちの年代ならとても懐かしい、あの独特なスピーカーのカバーでおなじみの「山水」の歴代のアンプを設計してきた方なのありました。そのお宅にお邪魔して、、ドラさんが作ってくれたスピーカーの試聴がてら、お父様のお宅のオーディオ拝見・・というわけ。
 アナログの、、、僕はオーディオのことは詳しくないので、専門用語はほとんど使えないけど、、この音、、お見事。完璧・・。何といったらいいのか、意図したものが完全に再生できている・・とでも言ったらいいのか。また半端でない音量も出る。。。床が震えているではないか。ベースの弦をはじいて、弦がブルンブルンと揺れている様子が目に見えるではないか。いろいろなLPを聴いて・・、ソニー・ロリンズとか・・。実は僕が言いたいことはここから・・。オーディオのことではなくて、完璧なオーディオから今一度確信したことがある。。。そのこと。
 昔のジャズのLP・・。楽器の鳴りが聞こえる。楽器というのは奏でるもの・・と良く生徒に言うが、楽器は共鳴して音が出る。その様子がはっきりわかる。それって裏返せばどういうことかというと、その音に余計な飾りはつけていないということ。そのことを今更のようにはっきり目で見るように聴かせられた。僕の予感は当たっていたんじゃないかと思い、、思わず叫んでしまった。このレコードは楽器の音しか再現していない。部屋の鳴りなどをレコーディングで表現しようとは一切していない。ただ、楽器の鳴りが聞こえるだけなのだ。僕は兼ねてから思っていた。スピーカーからは楽器の音が出て、部屋の鳴りはスピーカーが置いてある部屋が鳴ればいいじゃないか・・と。まさにそういわんばかりの音なので、、うれしくなってしまって、、、。そう、それだけ。だけど、ここでひとつとても大切な「確信」というヤツをいただいてきた、、というお話。これからもCDの音は、ただ楽器の音を再現する・・という方向で、、行きますからね。尤も、イヤホンをしたら、、、こりゃかなりごっつい、楽器の中に頭突っ込んだみたいな音になるかも知れないけど、、まっ、いっか。

  090822_石田さん
 
 
2009.08.25.Tue 01:51 | 音楽 | trackback(0) | comment(2)
PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2021.06 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ENTRIES
G-Cafe 聖書のことば #428【顔が輝く】聖霊の働き47(06/24)
G-Cafe 聖書のことば #427【世の光】聖霊の働き46(06/23)
G-Cafe 聖書のことば #426【すべてに勝る宝】聖霊の働き45(06/22)
G-Cafe 聖書のことば #425【御霊による一致】聖霊の働き44(06/21)
GraceCafeたいむ #57 【聖霊に満たされる】(06/19)
G-Cafe 聖書のことば #424【辱められるに値する】聖霊の働き43(06/18)
G-Cafe 聖書のことば #423【必修科目】聖霊の働き42(06/17)
G-Cafe 聖書のことば #422【祝福への入り口】聖霊の働き41(06/16)
G-Cafe 聖書のことば #421【罪はキリストが負われた】聖霊の働き40(06/15)
G-Cafe 聖書のことば #420【時空を超えた存在】聖霊の働き39(06/14)
GraceCafeたいむ #56 「御霊(みたま)は神のサイン」(06/12)
G-Cafe 聖書のことば #419【助けを求める人に】聖霊の働き38(06/11)
G-Cafe 聖書のことば #418【神の自分なりの解釈】聖霊の働き37(06/10)
G-Cafe 聖書のことば #417【神に目を向ける時】聖霊の働き36(06/09)
G-Cafe 聖書のことば #416【取り去られた垣根】聖霊の働き35(06/08)
G-Cafe 聖書のことば #415【恐れる時にも】聖霊の働き34(06/07)
GraceCafeたいむ #55 十字架のかげは赦しの場(06/05)
G-Cafe 聖書のことば #414 【御手の中にある「今」】 聖霊の働き33(06/04)
G-Cafe 聖書のことば #413【御霊による一致】聖霊の働き32(06/03)
G-Cafe 聖書のことば #412【そこにいのちがある】聖霊の働き31(06/02)
G-Cafe 聖書のことば #411【あなたはどちらですか】聖霊の働き30(06/01)
G-Cafe 聖書のことば #410【まことの金メダル】聖霊の働き29(05/31)
GraceCafeたいむ #54 【十字架は入り口】(05/29)
G-Cafe 聖書のことば #409【救い】聖霊の働き28(05/28)
G-Cafe 聖書のことば #408【イエスをキリストと認めるか】聖霊の働き27(05/27)
G-Cafe 聖書のことば #407【神の計画は進む】聖霊の働き26(05/26)
G-Cafe 聖書のことば #406【あなた個人の問題】聖霊の働き25(05/25)
G-Cafe 聖書のことば #405【人類史上最大の祝福】聖霊の働き24(05/24)
GraceCafeたいむ #53 【神の愛とは】(05/22)
G-Cafe 聖書のことば #404【さっそく語られたすべての計画】聖霊の働き23(05/21)
G-Cafe 聖書のことば #403【福音のはじめ】聖霊の働き22(05/20)
G-Cafe 聖書のことば #402【キリストの弟子の務め】聖霊の働き21(05/19)
G-Cafe 聖書のことば #401【最初の必要】聖霊の働き20(05/18)
G-Cafe 聖書のことば #400【愛の交わりの始まり】聖霊の働き19(05/17)
【救い出すための十字架】 〜いかなる罪もきよめ尽くす泉がある〜(05/15)
G-Cafe 聖書のことば #399【天国の前味】聖霊の働き18(05/14)
G-Cafe 聖書のことば #398【教会を立ち上げたのは・・】聖霊の働き17(05/13)
G-Cafe 聖書のことば #397【真理の入り口】聖霊の働き16(05/12)
G-Cafe 聖書のことば #396【あなたへのメッセージ】聖霊の働き15(05/11)
G-Cafe 聖書のことば #395【今からでもOK】聖霊の働き14(05/10)
GraceCafeたいむ #51 地と天をつなぐ道がある(05/08)
G-Cafe 聖書のことば #394【取り返しのつかない罪】聖霊の働き13(05/07)
G-Cafe 聖書のことば #393【すべてがつながっている聖書】聖霊の働き12(05/06)
G-Cafe 聖書のことば #392【ダビデは既に「主」と呼んでいた】聖霊の働き11(05/05)
G-Cafe 聖書のことば #391【最後のチャンス】聖霊の働き10(05/04)
G-Cafe 聖書のことば #390【終わりの日】聖霊の働き9(05/03)
GraceCafeたいむ #50 【いのちを選びなさい】(05/01)
G-Cafe 聖書のことば #389【聖書の役割】聖霊の働き8(04/30)
G-Cafe 聖書のことば #388【聖霊の働き】聖霊の働き7(04/29)
G-Cafe 聖書のことば #387【あなたの上にある神の計画】聖霊の働き6(04/28)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2021年06月(21)
2021年05月(26)
2021年04月(28)
2021年03月(26)
2021年02月(24)
2021年01月(25)
2020年12月(27)
2020年11月(24)
2020年10月(27)
2020年09月(26)
2020年08月(26)
2020年07月(27)
2020年06月(26)
2020年05月(27)
2020年04月(27)
2020年03月(28)
2020年02月(26)
2020年01月(25)
2019年12月(30)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS