FC2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています

聖書のことば #3

【死んでいたのに生き返った息子】

"この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから。』こうして彼らは祝宴を始めた。"
新約聖書 ルカの福音書 15章24節

 今日の聖書の言葉は、イエス様が語られた例え話の中の「放蕩息子の帰還」と言われる有名な話の一節です。
 何不自由ない父の家から、遺産の分け前までもらって家を出てしまった息子の話です。息子はそこでお金を使いまくり、宴会三昧。気がついたときには、金のない奴と付き合う友なんてものは、いなかった。どん底です。
 それで我に帰った息子は、お父さんにちゃんと謝って「使用人でいいので家に帰らせてください」と言おうと心に決め、家に向かいます。
 帰ってくる息子を遠くに見つけた父は、駆けていって息子を抱きしめます。
 息子は謝りの言葉を言おうとするのですが、お父さんは息子の顔を見れば、そんな事一目でわかるんですね。そして早速大宴会の用意をさせ、本当の息子にしか与えない最上の着物、指輪、履き物を与えた、という話です。

 この息子とは罪人=私たちのこと。「死んでいた」とは、父から離れてまことのいのちを失っている状態を言い表しています。父は言うまでもなく、父なる神。この息子が父の元に帰ったとき、父は「生き返った」と言ったのです。
 そしてこの話のポイントは、父は、息子が何をしていたかは問題ではなく、帰ろうと心に決め、そちらに向かって歩き始めたこと、それが喜びに満ちた大祝会の時になった、という話です。

 息子の心の矢印は、完全に自分の方にだけ向いていました。そしてそれを当然のことだと思っていたのです。ところが自由気ままに暮らした挙句、どん底状態になった時に初めて、そこにある自分の誤りを予感したんですね。その時初めて、息子は心の矢印を父の方に向けました。このことを「悔い改め」と呼んでいます。

 この話は、父なる神の家に帰るための第一歩の話なんですね。

 では、この続きは次回に。

 God Bless You !
 
 
2019.11.13.Wed 05:38 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)
PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2019.12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
G-Cafe 聖書のことば #2 【義人はいない】(12/05)
G-Cafe 聖書のことば #1 【創世記 1章1節】(12/04)
聖書のことば #22《お知らせ》(12/03)
聖書のことば #21 【蒔かれた種】(12/02)
聖書のことば #20 【イエスは主】(12/01)
聖書のことば #19 【行う力-2 弱さ】(11/30)
聖書のことば #18 【行う力】(11/29)
聖書のことば #17 【信仰と行い】(11/28)
聖書の言葉・・お知らせ(11/28)
聖書の言葉 #16 【聖書を一言で】(11/28)
聖書のことば #15 【救われるとどうなるのか】(11/27)
聖書のことば #14 【正しい人】(11/26)
聖書のことば #13 【永遠のいのち】(11/25)
聖書のことば #12 【父の愛】(11/23)
聖書のことば #11 【救いとは-2】(11/22)
聖書のことば #10 【救いとは】(11/21)
聖書のことば #9 【福音4 イエス・キリスト】(11/20)
聖書のことば #8 【福音3 復活】(11/19)
聖書のことば #7 【福音2 キリストの十字架】(11/18)
聖書のことば #6 【福音(ふくいん)】(11/16)
聖書のことば #5 【自分を低くする者】(11/15)
聖書のことば #4 【あなたは兄の側にいませんか】(11/14)
聖書のことば #3 死んでいたのに生き返った息子(11/13)
聖書のことば #2 義人(11/12)
聖書のことば #1 創世記1章1節(11/11)
TRIO' 2019 秋の二回ポッキリ! 間もなくです!(11/02)
お詫び(10/18)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 11-12月号(10/15)
キリスト教談義 番外190813(08/13)
ツイッター つぶやき開始(08/12)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 9-10月号(08/01)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2019.7-8 月号(06/22)
市原のライブスケジュール、表記に誤りのお詫びと訂正(06/04)
TRIO' ヘルプですッ!(05/19)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2019.5-6月号(04/19)
TRIO' (トリオッ) 春の二回ポッキリのご案内(04/15)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2019.3-4月号(02/09)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その15 【万引きをやめられない男】 (01/21)
2019 明けましておめでとうございます。(01/02)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2019.1-2月号(12/03)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2018.11-12月号(10/20)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その14 【救われる・・ってなに?】 (10/19)
2018年11月 TRIO' 秋のツアー と WIM ライブ の詳細ご案内(09/24)
ドラマー市原康のキリスト教談義 その13 「あんな人がどうしてクリスチャンなの?」(09/18)
2018.11 TRIO'ツアー、チラシできあがりました。(09/12)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2018.9-10月号(08/21)
ドラマー市原康 ライブインフォメーション 2018.7-8月号(06/11)
ご報告/角川シネマコンサート(04/21)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 2018.5-6月号(03/27)
ドラマー市原康ライブインフォメーション 3-4月号(02/16)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2019年12月(5)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS