FC2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています
  090925_宗助

 文楽を観てきた。私にとって初めての人形浄瑠璃の生ライブ。第168回文楽公演、国立劇場。演し物はシェークスピアの作品から「天変斯止嵐后晴」(テンペストアラシノチハレ)。初心者の私にとって最初に王道ではないこの作品を観たのは良かったのかどうか到底わからないが、まずはどえらい面白かった。ご存知の方にはいうまでもないことだが、全体の構成は「映像」と「歌」と「奏楽」とで出来ている。映像が人形。歌が大夫の語り。そして奏楽が主に三味線でその他に琴や鳴り物といった具合。歌い手/大夫は途中で入れ替わったりする。人形は知らない人でもわかるかと思うが、一体を三人で操る。その辺に興味を持つ方も多いかと思うが、私としては何といっても大夫の語りが強力に迫ってきた。まあまあ普通の日本語の文をあのようなイントネーションで腹の底から歌い上げる・・。語り口に決まった型などのお約束はもちろんあるのだろうが、やはり演者によってかなり違うことがわかる。それがたまらなく面白い。そして自分でもやってみたくなる。この思いっきりがほとんど不可欠の条件になっているようなこのサウンド、、、もし若い頃に出会っていたらやばかったかも・・。
 初めて観てこれだけ楽しめたのは、映画の字幕のようなものがあって、語っていることがよくわかったことと、もう一つ、実はこの本番の前に「サロン・ド・ブンラクザ & 観劇」という時間があって、出演者の中の一人がレクチャーというか、おしゃべりをする時間があって、特段カリキュラムがあるわけではなく、その人に任された交流会的な雰囲気の時間。それが助けになったかと思う。私が参加したこのサロンには三味線のいわばバンマス、竹澤宗助さんがお話しなどをしておられた。文楽の場合三味線は伴奏なのであるということ。それは大夫の伴奏で、その伴奏は大夫とのとても微妙な駆け引きの中でなされること。話を聞いているとほとんどジャズや我々の普段の演奏での駆け引きと同じ感覚を思い出させる。そしてこの日は大サービス。第一幕/といって良いのだろうか、プログラムには「第一」としか書いていないが・・。本編では右側のバンド席のようなところに大夫と演奏者が出たり入ったりなのであるが、この第一幕はバンド(三味線と琴) が正面に勢揃い。そのときの演奏を目の前で聴かせてくれた。目の前で聴くよりも舞台で聴く方がなんだか空気感もサウンドも有り難い感じ・・(笑)・・がしていたが、とにかく目の前で聴けたことは興味深いことであったし、演奏家としては、こんな感じかと様子がつかめる。そしてとにかく大夫と三味線の互いの存在というか、これが出過ぎてもいけないし、引っ込んでは役に立たないなどの話・・・。それがあったので本番ではとても楽しんで聴くことが出来た。
 今日テレビで蜷川幸雄さんが言っていた。演劇は、音楽もそうだが、生の人間がその場でやる・・即ちライブ・・ここが面白いので、それは今のどんな技術、、映像や音の再現などでも得られない、そしてその場でしか聴けない/観れない、そのときにしか聴けない/観れない、、そういうものなのだと・・。 私ははまりそう。だが、値段がちと高いので、はまっても入り浸りにはならないと思うが。お金と時間が余っていたら、、多分しばらくはマイブームになるかも。
・ ・というか、オレ・・大夫・・やりたい。

 写真はサロンでいただいた宗助さんの手ぬぐい。

 
 
2009.09.25.Fri 02:38 | 音楽 | trackback(0) | comment(2)
PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2021.06 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ENTRIES
G-Cafe 聖書のことば #428【顔が輝く】聖霊の働き47(06/24)
G-Cafe 聖書のことば #427【世の光】聖霊の働き46(06/23)
G-Cafe 聖書のことば #426【すべてに勝る宝】聖霊の働き45(06/22)
G-Cafe 聖書のことば #425【御霊による一致】聖霊の働き44(06/21)
GraceCafeたいむ #57 【聖霊に満たされる】(06/19)
G-Cafe 聖書のことば #424【辱められるに値する】聖霊の働き43(06/18)
G-Cafe 聖書のことば #423【必修科目】聖霊の働き42(06/17)
G-Cafe 聖書のことば #422【祝福への入り口】聖霊の働き41(06/16)
G-Cafe 聖書のことば #421【罪はキリストが負われた】聖霊の働き40(06/15)
G-Cafe 聖書のことば #420【時空を超えた存在】聖霊の働き39(06/14)
GraceCafeたいむ #56 「御霊(みたま)は神のサイン」(06/12)
G-Cafe 聖書のことば #419【助けを求める人に】聖霊の働き38(06/11)
G-Cafe 聖書のことば #418【神の自分なりの解釈】聖霊の働き37(06/10)
G-Cafe 聖書のことば #417【神に目を向ける時】聖霊の働き36(06/09)
G-Cafe 聖書のことば #416【取り去られた垣根】聖霊の働き35(06/08)
G-Cafe 聖書のことば #415【恐れる時にも】聖霊の働き34(06/07)
GraceCafeたいむ #55 十字架のかげは赦しの場(06/05)
G-Cafe 聖書のことば #414 【御手の中にある「今」】 聖霊の働き33(06/04)
G-Cafe 聖書のことば #413【御霊による一致】聖霊の働き32(06/03)
G-Cafe 聖書のことば #412【そこにいのちがある】聖霊の働き31(06/02)
G-Cafe 聖書のことば #411【あなたはどちらですか】聖霊の働き30(06/01)
G-Cafe 聖書のことば #410【まことの金メダル】聖霊の働き29(05/31)
GraceCafeたいむ #54 【十字架は入り口】(05/29)
G-Cafe 聖書のことば #409【救い】聖霊の働き28(05/28)
G-Cafe 聖書のことば #408【イエスをキリストと認めるか】聖霊の働き27(05/27)
G-Cafe 聖書のことば #407【神の計画は進む】聖霊の働き26(05/26)
G-Cafe 聖書のことば #406【あなた個人の問題】聖霊の働き25(05/25)
G-Cafe 聖書のことば #405【人類史上最大の祝福】聖霊の働き24(05/24)
GraceCafeたいむ #53 【神の愛とは】(05/22)
G-Cafe 聖書のことば #404【さっそく語られたすべての計画】聖霊の働き23(05/21)
G-Cafe 聖書のことば #403【福音のはじめ】聖霊の働き22(05/20)
G-Cafe 聖書のことば #402【キリストの弟子の務め】聖霊の働き21(05/19)
G-Cafe 聖書のことば #401【最初の必要】聖霊の働き20(05/18)
G-Cafe 聖書のことば #400【愛の交わりの始まり】聖霊の働き19(05/17)
【救い出すための十字架】 〜いかなる罪もきよめ尽くす泉がある〜(05/15)
G-Cafe 聖書のことば #399【天国の前味】聖霊の働き18(05/14)
G-Cafe 聖書のことば #398【教会を立ち上げたのは・・】聖霊の働き17(05/13)
G-Cafe 聖書のことば #397【真理の入り口】聖霊の働き16(05/12)
G-Cafe 聖書のことば #396【あなたへのメッセージ】聖霊の働き15(05/11)
G-Cafe 聖書のことば #395【今からでもOK】聖霊の働き14(05/10)
GraceCafeたいむ #51 地と天をつなぐ道がある(05/08)
G-Cafe 聖書のことば #394【取り返しのつかない罪】聖霊の働き13(05/07)
G-Cafe 聖書のことば #393【すべてがつながっている聖書】聖霊の働き12(05/06)
G-Cafe 聖書のことば #392【ダビデは既に「主」と呼んでいた】聖霊の働き11(05/05)
G-Cafe 聖書のことば #391【最後のチャンス】聖霊の働き10(05/04)
G-Cafe 聖書のことば #390【終わりの日】聖霊の働き9(05/03)
GraceCafeたいむ #50 【いのちを選びなさい】(05/01)
G-Cafe 聖書のことば #389【聖書の役割】聖霊の働き8(04/30)
G-Cafe 聖書のことば #388【聖霊の働き】聖霊の働き7(04/29)
G-Cafe 聖書のことば #387【あなたの上にある神の計画】聖霊の働き6(04/28)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2021年06月(21)
2021年05月(26)
2021年04月(28)
2021年03月(26)
2021年02月(24)
2021年01月(25)
2020年12月(27)
2020年11月(24)
2020年10月(27)
2020年09月(26)
2020年08月(26)
2020年07月(27)
2020年06月(26)
2020年05月(27)
2020年04月(27)
2020年03月(28)
2020年02月(26)
2020年01月(25)
2019年12月(30)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS