FC2ブログ
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ドラマー市原康のなんじゃもんじゃ

ライブのご案内/キリスト教談義を中心にお届けしています
G-Cafe 聖書のことば #181

【新しい役割】イエス様のことば 6

" イエスは彼らに言われた。
「わたしについて来なさい。
 人間をとる漁師にしてあげよう。」"
  マタイの福音書 4章19節

 今日のテーマは「新しい役割」です。

 人はこの地上において、それぞれが何らかの役割を果たす者として生きています。その役割が一瞬にして変わった・・。それが今日のみことばの出来事です。

 世の人々は何も知らずにこの世を浮遊するように歩んでいて、どこから来たかもわからず、どこへいくかもわからない。また、おそらく最終到着地点は「死」であろうことは感じつつも、その死を本能的に忘れようとしながら、あるいはそれを目前にした時には必死になってそこへ行くまいとしながら、いろいろなものにすがりながらもその先は結局わからずじまいで、善良な人として、あるいは悪の限りを尽くしながら、人々はその一生を終えるわけです。

 聖書は言っています。人は死の後に「その行いに応じたさばき」があって、すべての人は今のままでは「まことのいのちを失った」ままで、その魂は滅びゆくしかないのだと。そしてそれは、自分が善良と思っている人たちも例外ではないというのです。
 まことのいのちは、まことの神という、いのちの源なる方のもとに立ち返った時に与えられるものだけれど、人と神との間には深い溝ができてしまっているというんですね。それは、人が神を認めないという「罪」からくるもので、父なる神はそのために御子を遣わして、その罪の解決のために、十字架の身代わりの死という、想像を絶する方法をもって人々が神のもとに帰ることができるようにされたのだ。この御子キリストの十字架が自分の罪のためだと信じる者が救われる・・。これが聖書に書いてあることです。

 漁師の仕事は魚を「とる」ことです。魚は何も知らずに湖の中を悠々と泳いでいるわけですが、そこに上からさっと網が降りて来て、気が付いた時には捕らえられて、陸に引き上げられしまうわけです。魚にとっては「一巻の終わり」です。
 人間をとる漁師とは、この世を浮遊していた人生をある意味で「一巻の終わり」にさせ、想像さえしなかった新しいいのちと希望の世界に、さっと引き上げてしまう・・それがその仕事だというんですね。

 イエス様が声をかけられたアンデレとシモンについて、他の福音書を見ると次のことがわかります。アンデレはバプテスマのヨハネの弟子でした。すでにある種の志(こころざし)を持っていた人であることがわかりますね。
 ヨハネは「見よ、神の小羊」と、イエス様を指して言います。それを聞いていたアンデレはイエス様について行き、その日にイエス様のところで一晩過ごします。そして帰って弟を見つけ「キリストに会ったぞ」と言って彼をイエス様のところに連れていったら、イエス様はその弟シモンに向かって「あなたはペテロと呼ばれるようになる」と言われました。(ヨハネ1:35-42)
 イエス様が活動を開始されたのはバプテスマのヨハネが捕らえられた後ですから、今日のみことばの出来事はその後のことであるわけです。
 漁師である彼らはガリラヤで網を打っていました。そこにイエス様が現れたのです。彼らはその時すでにイエス様を知っていたんですね。その時には何か期待感で一杯になったことは容易に想像できます。
 そこでエス様が言われたのです。「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしてあげよう。」
 彼らは喜び勇んで、網を捨ててイエス様に付いて行きました。

 全ての人は、イエス・キリストを信じることで、その罪は赦され、永遠のいのちをいただき、死を通り越した永遠への希望が与えられます。しかし同時に、それらの人はこの地上において「新しい役割」が与えられるんですね。

 それは、「人間をとる漁師になる」ことです。

 
 God Bless You ! (神様の祝福がありますように!)
 
 
2020.07.10.Fri 10:33 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)
PROFILE

いっちー
ドラマー市原康です。
TRIO'のこと、
ライブスケジュール
そしてキリスト教談義・・
・・再開です。
http://i-produce.net
http://twitter.com/ichiharayasushi
<< 2021.06 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ENTRIES
G-Cafe 聖書のことば #428【顔が輝く】聖霊の働き47(06/24)
G-Cafe 聖書のことば #427【世の光】聖霊の働き46(06/23)
G-Cafe 聖書のことば #426【すべてに勝る宝】聖霊の働き45(06/22)
G-Cafe 聖書のことば #425【御霊による一致】聖霊の働き44(06/21)
GraceCafeたいむ #57 【聖霊に満たされる】(06/19)
G-Cafe 聖書のことば #424【辱められるに値する】聖霊の働き43(06/18)
G-Cafe 聖書のことば #423【必修科目】聖霊の働き42(06/17)
G-Cafe 聖書のことば #422【祝福への入り口】聖霊の働き41(06/16)
G-Cafe 聖書のことば #421【罪はキリストが負われた】聖霊の働き40(06/15)
G-Cafe 聖書のことば #420【時空を超えた存在】聖霊の働き39(06/14)
GraceCafeたいむ #56 「御霊(みたま)は神のサイン」(06/12)
G-Cafe 聖書のことば #419【助けを求める人に】聖霊の働き38(06/11)
G-Cafe 聖書のことば #418【神の自分なりの解釈】聖霊の働き37(06/10)
G-Cafe 聖書のことば #417【神に目を向ける時】聖霊の働き36(06/09)
G-Cafe 聖書のことば #416【取り去られた垣根】聖霊の働き35(06/08)
G-Cafe 聖書のことば #415【恐れる時にも】聖霊の働き34(06/07)
GraceCafeたいむ #55 十字架のかげは赦しの場(06/05)
G-Cafe 聖書のことば #414 【御手の中にある「今」】 聖霊の働き33(06/04)
G-Cafe 聖書のことば #413【御霊による一致】聖霊の働き32(06/03)
G-Cafe 聖書のことば #412【そこにいのちがある】聖霊の働き31(06/02)
G-Cafe 聖書のことば #411【あなたはどちらですか】聖霊の働き30(06/01)
G-Cafe 聖書のことば #410【まことの金メダル】聖霊の働き29(05/31)
GraceCafeたいむ #54 【十字架は入り口】(05/29)
G-Cafe 聖書のことば #409【救い】聖霊の働き28(05/28)
G-Cafe 聖書のことば #408【イエスをキリストと認めるか】聖霊の働き27(05/27)
G-Cafe 聖書のことば #407【神の計画は進む】聖霊の働き26(05/26)
G-Cafe 聖書のことば #406【あなた個人の問題】聖霊の働き25(05/25)
G-Cafe 聖書のことば #405【人類史上最大の祝福】聖霊の働き24(05/24)
GraceCafeたいむ #53 【神の愛とは】(05/22)
G-Cafe 聖書のことば #404【さっそく語られたすべての計画】聖霊の働き23(05/21)
G-Cafe 聖書のことば #403【福音のはじめ】聖霊の働き22(05/20)
G-Cafe 聖書のことば #402【キリストの弟子の務め】聖霊の働き21(05/19)
G-Cafe 聖書のことば #401【最初の必要】聖霊の働き20(05/18)
G-Cafe 聖書のことば #400【愛の交わりの始まり】聖霊の働き19(05/17)
【救い出すための十字架】 〜いかなる罪もきよめ尽くす泉がある〜(05/15)
G-Cafe 聖書のことば #399【天国の前味】聖霊の働き18(05/14)
G-Cafe 聖書のことば #398【教会を立ち上げたのは・・】聖霊の働き17(05/13)
G-Cafe 聖書のことば #397【真理の入り口】聖霊の働き16(05/12)
G-Cafe 聖書のことば #396【あなたへのメッセージ】聖霊の働き15(05/11)
G-Cafe 聖書のことば #395【今からでもOK】聖霊の働き14(05/10)
GraceCafeたいむ #51 地と天をつなぐ道がある(05/08)
G-Cafe 聖書のことば #394【取り返しのつかない罪】聖霊の働き13(05/07)
G-Cafe 聖書のことば #393【すべてがつながっている聖書】聖霊の働き12(05/06)
G-Cafe 聖書のことば #392【ダビデは既に「主」と呼んでいた】聖霊の働き11(05/05)
G-Cafe 聖書のことば #391【最後のチャンス】聖霊の働き10(05/04)
G-Cafe 聖書のことば #390【終わりの日】聖霊の働き9(05/03)
GraceCafeたいむ #50 【いのちを選びなさい】(05/01)
G-Cafe 聖書のことば #389【聖書の役割】聖霊の働き8(04/30)
G-Cafe 聖書のことば #388【聖霊の働き】聖霊の働き7(04/29)
G-Cafe 聖書のことば #387【あなたの上にある神の計画】聖霊の働き6(04/28)
COMMENTS
CATEGORY
ARCHIVES
2021年06月(21)
2021年05月(26)
2021年04月(28)
2021年03月(26)
2021年02月(24)
2021年01月(25)
2020年12月(27)
2020年11月(24)
2020年10月(27)
2020年09月(26)
2020年08月(26)
2020年07月(27)
2020年06月(26)
2020年05月(27)
2020年04月(27)
2020年03月(28)
2020年02月(26)
2020年01月(25)
2019年12月(30)
2019年11月(21)
2019年10月(2)
2019年08月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年10月(2)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(2)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(3)
2016年06月(1)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(3)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年07月(1)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年11月(3)
2014年09月(2)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2014年04月(1)
2014年03月(3)
2014年02月(1)
2014年01月(4)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(4)
2013年06月(2)
2013年05月(2)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(1)
2012年07月(2)
2012年06月(3)
2012年05月(1)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年11月(8)
2011年10月(3)
2011年09月(1)
2011年08月(3)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(1)
2010年11月(3)
2010年10月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(4)
2010年04月(8)
2010年03月(6)
2010年02月(9)
2010年01月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(15)
2009年10月(5)
2009年09月(7)
2009年08月(18)
2009年07月(11)
TRACKBACKS
LINKS